巨乳専門おっぱい楽園[札幌・すすきの|素人デリヘル]

最大なんとLカップ!巨乳好きの楽園ここにあり!

巨乳専門おっぱい楽園

  • 011-511-5773

  • 15:00-翌8:00

  • 料金:一般

  • カード決済:○

  • 領収書発行:○

店舗基本情報

業種
デリヘル
主な派遣先
札幌市清田区
エリア
札幌・すすきの
最寄駅
すすきの駅
料金
65分 6,000円~
関連カテゴリ

巨乳・爆乳専門店。 最強のパフパフをお楽しみください!!

最低Dカップ最大なんとLカップ。
おっぱいの事なら当店にお任せ下さい!!
カップ指定無料
(お好きな大きさをご指定下さい!!)

お知らせ もっと見る

「☆65分6500円巨乳・爆乳祭り!!☆」02/24(土) 01:05 | 巨乳専門おっぱい楽園のお得なニュース

あなたはどのおっぱいが好き??   

65分   6,500円 
85分   8,500円 
105分  10,500円 
125分  12,500円
 


※フリー限定イベントになります。 

最低Dカップ以上の巨乳専門

カップ指定無料(お好きな大きさをご指定下さい!!) 
札幌市内交通費も無料とさせていただきます
 



スタッフ一同、たくさんのお電話お待ちしております。  
 

出勤予定

前回更新:07:28

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    25

明日以降の出勤を見る

料金システム

基本プレイ
  • Dキス
  • パイズリ
  • 玉舐め
  • 69
  • 全身リップ
  • 素股
  • 指入れ
  • アナル舐め
  • 生フェラ
  • 口内発射
  • 時間内発射無制限
  • ローションプレイ
  • 手コキ
料金表
基本料金 65分 12,000円
85分 15,000円
105分 18,000円
125分 21,000円
その他料金 入会金 無料
指名料 2,000円
延長 5,000円
オプション
  • ピンクローター 1,000円
  • パンスト 1,000円
  • パンティー 1,000円
  • バイブ 2,000円
  • 電マ 2,000円
  • 放尿 3,000円
  • オナニー鑑賞 3,000円
  • ゴックン 4,000円
  • AF 8,000円
交通費 1,000円~ 札幌市中央区 、北区 、札幌市東区 、白石区 、豊平区 、南区 、札幌市西区 、厚別区 、手稲区 、清田区

詳細はお問い合わせください

店舗基本情報

店名 巨乳専門おっぱい楽園
電話番号 011-511-5773
営業時間 15:00-翌8:00
お支払い・決済方法 現金、クレジットカード
業種 デリヘル
ジャンル(関連カテゴリー)
料金体系 一般
領収書発行
エリア 札幌・すすきの
住所 北海道 札幌市清田区
最寄駅 すすきの駅
オフィシャルサイト http://www.pairaku-sapporo.com/

本日の出勤状況 02/24(土) 07:28

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    25
るな(Hカップ)

本日出勤

H

るな(Hカップ)

27歳/166cm B:110 W:78 H:90

  • 美少女系
  • 巨乳
  • 痴女

詳細を見る

周辺のお店ランキング

ランキングをもっと見る

オススメ女の子ランキング

ランキングをもっと見る

風俗雑記帳

  • 最低限ここは!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~キャッチ・チラシその他編~

    タカシの風俗コラム

    2018-02-22 12:22:50

    風俗店を利用する前にその風俗店が優良店か悪質店か見極められないか、と思っている方のための記事です。   前回は風俗店の公式サイトを見て見極めるべきポイントを書きました。   前回の記事はこちら→【指名前にチェック!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~公式サイト編~&nbs...

    続きを見る

  • パフェの女

    官能小説

    2018-02-22 11:13:22

    僕は無職だ。   官能小説家になりたい僕は大学を卒業して就職しなかった。   1年やってみて、芽が出なかったら就職しよう。そんな気持ちでいた。       しかし、やはり現実とは厳しいもので。   コンクールに何度か挑戦してみたものの、賞にかすり...

    続きを見る

  • 忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    官能小説

    2018-02-21 19:18:55

    今日は会社の忘年会だった。   飲み会にさして興味のない僕は、一次会が終わったところで早々に帰路についていた。 冷たい風が、僕の頬を撫でる。 夜は深まっていたが、行き交う人の数は少なくなかった。 車道から漏れるヘッドライトの光が、なかなか途切れない。   「はぁ~。料...

    続きを見る

風俗雑記帳をもっと見る