クラブ プレジデント[西宮・尼崎|お姉さん・お嬢様デリヘル]

クラブ プレジデント

  • 06-6430-1434

  • 00:00-翌0:00

  • 料金:一般

  • カード決済:○

  • 領収書発行:○

店舗基本情報

業種
デリヘル
主な派遣先
尼崎市
エリア
西宮・尼崎
最寄駅
西宮駅
料金
60分 18,000円~
関連カテゴリ

極上の美女と過したい方は、ぜひお気軽に当店までご連絡下さい

当店のハイクオリティなキャストたちが、お客様に最高のひと時をご提供致します。

高級風俗店である当店のキャストたちは、厳選された美女揃いです。
彼女たちの魅力はルックスだけではありません。テクニック・サービス面も上質なものです。
素晴らしいキャストと一緒に過ごせば、身も心も満たされることでしょう。
まるで恋人と過ごしているような癒やしの時間を味わって下さい。

キャストとはご自宅やホテルのほかに、街中で待ち合わせて合流することも可能です。
デリヘル・ホテヘルの魅力は、店舗型風俗と違いホテルや自宅で楽しめるところにあります。
当店自慢のキャストとの距離が縮まり、より一層彼 女たちの魅力を感じられるでしょう。

お知らせ もっと見る

「◆◇◆素敵なお時間を貴方にお届け◆◇◆」10/18(火) 13:32 | クラブ プレジデントのお得なニュース

!◆◇◆素敵なお時間を貴方にお届け◆◇◆ 『クラブ プレジデント』グランドオープン! クセになるような夢のひと時を貴方にお届けいたします。 お客様のご利用をスタッフ一同心よりお待ちしております。 当店、自慢の女性たちを是非一度見ていただきたく、グランドオープン期間中は下記価格でご案内。 入会金 無料 80分 21000円 100分 26000円 ホテル代別途 ゴージャスで、気品ある最高級の女性がお待ちしております。 お時間、ご都合の合います方、お電話、お問合せ、お待ちしております。

出勤予定

前回更新:07:15

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    0

明日以降の出勤を見る

料金システム

オプション
  • 延長30分 12,000
  • 生パンティ 1,000
  • ミニ電マ 2,000
  • 聖水 3,000
  • 即尺 5,000
  • AF 10,000
  • チェンジ(初回) 0円
  • ローター 1,000
  • バイブ 3,000
  • 顔射 5,000
  • キャンセル(一律) 10,000
  • パンスト破り 1,000
  • オナニー鑑賞 3,000
  • ごっくん 5,000
  • コスプレ 1,000

店舗基本情報

店名 クラブ プレジデント
電話番号 06-6430-1434
営業時間 00:00-翌0:00
お支払い・決済方法 現金、クレジットカード
業種 デリヘル
ジャンル(関連カテゴリー)
料金体系 一般
領収書発行
エリア 西宮・尼崎
住所 兵庫県 尼崎市
最寄駅 西宮駅
オフィシャルサイト http://www.president-dh.club/

本日の出勤状況 02/23(金) 07:15

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    0
結城まお

-

結城まお

22歳/-cm B:85 W:56 H:82

  • 愛嬌抜群
  • 低身長

詳細を見る

周辺のお店ランキング

ランキングをもっと見る

オススメ女の子ランキング

ランキングをもっと見る

周辺のホテルランキング

風俗雑記帳

  • 最低限ここは!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~キャッチ・チラシその他編~

    タカシの風俗コラム

    2018-02-22 12:22:50

    風俗店を利用する前にその風俗店が優良店か悪質店か見極められないか、と思っている方のための記事です。   前回は風俗店の公式サイトを見て見極めるべきポイントを書きました。   前回の記事はこちら→【指名前にチェック!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~公式サイト編~&nbs...

    続きを見る

  • パフェの女

    官能小説

    2018-02-22 11:13:22

    僕は無職だ。   官能小説家になりたい僕は大学を卒業して就職しなかった。   1年やってみて、芽が出なかったら就職しよう。そんな気持ちでいた。       しかし、やはり現実とは厳しいもので。   コンクールに何度か挑戦してみたものの、賞にかすり...

    続きを見る

  • 忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    官能小説

    2018-02-21 19:18:55

    今日は会社の忘年会だった。   飲み会にさして興味のない僕は、一次会が終わったところで早々に帰路についていた。 冷たい風が、僕の頬を撫でる。 夜は深まっていたが、行き交う人の数は少なくなかった。 車道から漏れるヘッドライトの光が、なかなか途切れない。   「はぁ~。料...

    続きを見る

風俗雑記帳をもっと見る