横浜人妻援護会本店[横浜|巨乳・爆乳デリヘル]

横浜人妻援護会本店

  • 045-260-9833

  • 10:00-23:00

  • 料金:一般

  • カード決済:○

  • 領収書発行:○

店舗基本情報

業種
デリヘル
主な派遣先
横浜市中区
エリア
横浜
最寄駅
日ノ出町駅
料金
90分 32,000円~
関連カテゴリ

☆援護会本店三大宣言☆

・未経験の人妻のみをご案内!
テクニックや完成された接客を望まれるなら
他店をお薦めさせて頂きます。
当店は完全未経験の人妻のみをご案内させて
いただく完全素人店となっております。
入店から10日目で当店からは卒業して頂きます。

・1日1名への誠心誠意
素人なので1日1名へオンリーワンの
誠心誠意のご奉仕しかさせません。
だからこそリアルな官能を
当店は提供させて頂きます。
その時を逃したら二度と逢えないかもしれない…
本当の一期一会をお楽しみ下さい。

・業界初!逆指名制度
風俗業界で初の逆指名制度を導入。
多数登録されている会員様の中から…
彼女は貴方に目が止まる…
「逆指名の喜び・選ばれる快感」を
全身で感じて下さい。

お知らせ もっと見る

「★+.*━━*.+★  お勧め奥様 ★+.*━━*.+★」10/18(火) 18:10 | 横浜人妻援護会本店のお得なニュース

★+.*━━*.+★ お勧め奥様 ★+.*━━*.+★ ひすい(36)160/88E-59-89 丁寧な言葉使いや身のこなしから漂う上品さは華やかという言葉がピッタリなエレガントな女性☆ ちえみ(36)151/86D-59-86 触れて感じる上品さ漂う肌、二人っきりになって醸し出される大人のエロスの香り♪ ありさ(36)153/86D-58-85 彼女にしか出せない幸せというオーラをぜひご堪能下さい。 みずえ(34)165/90E-59-85 群を抜くプロポーション。美しい顔から織り成す胸元・腰・脚にかけてのしなやかな曲線。 当グループ共通で使えるモアポ会員も随時募集中です♪ 入会金無料♪すぐご登録できます♪ 【PC:】 【MB:】 援護会スタッフブログ♪ 【】 本日の出勤表♪ 【】

出勤予定

前回更新:17:49

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    0

明日以降の出勤を見る

料金システム

料金表
お待ち合わせ(10:00~21:00) 60分 16,000
90分 20,000
120分 28,000
オプション
  • 指名料 1,000
  • ローター 1,000
  • 延長料(30分) 9,000
  • ストッキング 1,000
  • バイブ 2,000

店舗基本情報

店名 横浜人妻援護会本店
電話番号 045-260-9833
営業時間 10:00-23:00
お支払い・決済方法 現金、クレジットカード
業種 デリヘル
ジャンル(関連カテゴリー)
料金体系 一般
領収書発行
エリア 横浜
住所 神奈川県 横浜市中区
最寄駅 日ノ出町駅
オフィシャルサイト http://www.h-engo.com/yokohama/

本日の出勤状況 02/23(金) 17:49

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    0
さわこ

-

さわこ

42歳/-cm B:84 W:57 H:83

  • 愛嬌抜群
  • 熟女系

詳細を見る

周辺のお店ランキング

ランキングをもっと見る

オススメ女の子ランキング

ランキングをもっと見る

周辺のホテルランキング

風俗雑記帳

  • 最低限ここは!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~キャッチ・チラシその他編~

    タカシの風俗コラム

    2018-02-22 12:22:50

    風俗店を利用する前にその風俗店が優良店か悪質店か見極められないか、と思っている方のための記事です。   前回は風俗店の公式サイトを見て見極めるべきポイントを書きました。   前回の記事はこちら→【指名前にチェック!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~公式サイト編~&nbs...

    続きを見る

  • パフェの女

    官能小説

    2018-02-22 11:13:22

    僕は無職だ。   官能小説家になりたい僕は大学を卒業して就職しなかった。   1年やってみて、芽が出なかったら就職しよう。そんな気持ちでいた。       しかし、やはり現実とは厳しいもので。   コンクールに何度か挑戦してみたものの、賞にかすり...

    続きを見る

  • 忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    官能小説

    2018-02-21 19:18:55

    今日は会社の忘年会だった。   飲み会にさして興味のない僕は、一次会が終わったところで早々に帰路についていた。 冷たい風が、僕の頬を撫でる。 夜は深まっていたが、行き交う人の数は少なくなかった。 車道から漏れるヘッドライトの光が、なかなか途切れない。   「はぁ~。料...

    続きを見る

風俗雑記帳をもっと見る