ユニバース倶楽部 横浜[横浜|素人デリヘル]

ユニバース倶楽部 横浜

  • 0120-675-858

  • 09:00-20:00

  • 料金:一般

  • カード決済:○

  • 領収書発行:○

店舗基本情報

業種
デリヘル
主な派遣先
横浜市中区
エリア
横浜
最寄駅
日ノ出町駅
料金
120分 20,000円~
関連カテゴリ

【風俗では味気ない、出会い系だとメンドクサイ】というあなたに丁度いい。

■他ではちょっと出会えないような女性達が、オトナの関係を理解して、あなたを待っています。

★はじめから女性もオトナの関係希望だから面倒なことになりにくい
★会員の女性は写真だけではなく動画も見れる
★女子大生、OL、CA、主婦、モデル、タレント、AV女優など、あらゆるタイプが見つかる
★全国に支店があるから、出張先でもお相手が見つかる

【あの人も登録】
登録中の男性会員様は経営者、医師、会社役員などの富裕層で、中には誰もが知っているような有名な方もご入会(秘密)。
新規の女性入会数は月平均約200名!
(業界最多級)
公安委員会届出済みだから安心

【交際クラブとは?】
割り切った関係を希望する女性を探せる、会員制のクラブです。女性は一人ひとり面接して、ルールやマナーを説明した上で入会しています。男性側が、女性と運営するクラブにお礼をお支払いいただくことで、この場の秩序は保たれています。こうすることで、男性も女性もプライバシーを守りながら欲望を満たせる仕組みになっています。

お知らせ もっと見る

「◆◇◆横浜市交際クラブ『ユニバース倶楽部 横浜』◆◇◆」10/18(火) 18:25 | ユニバース倶楽部 横浜のお得なニュース

◆◇◆横浜市交際クラブ『ユニバース倶楽部 横浜』◆◇◆ 「ドキドキする瞬間をもう一度」思い出してみませんか? それを得るための方法としてベストプラクティスを目指します。 最短最善の出会いのプロセスを目指しています!

出勤予定

前回更新:05:19

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    0

明日以降の出勤を見る

料金システム

料金表
入会金 Standard 30,000
Gold 50,000
Platinum 100,000
Black 300,000
年会費(2年目以降) Standard 20,000
Gold 30,000
Platinum 80,000
Black 160,000
セッティング料金 Standard 20,000
Gold 30,000
Platinum 50,000
Black 100,000

店舗基本情報

店名 ユニバース倶楽部 横浜
電話番号 0120-675-858
営業時間 09:00-20:00
お支払い・決済方法 現金、クレジットカード
業種 デリヘル
ジャンル(関連カテゴリー)
料金体系 一般
領収書発行
エリア 横浜
住所 神奈川県 横浜市中区
最寄駅 日ノ出町駅
オフィシャルサイト https://universe-club.jp/

本日の出勤状況 02/23(金) 05:19

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    0
会員3

-

会員3

-歳/-cm B:- W:- H:-

  • 愛嬌抜群
  • 低身長

詳細を見る

周辺のお店ランキング

ランキングをもっと見る

オススメ女の子ランキング

ランキングをもっと見る

周辺のホテルランキング

風俗雑記帳

  • 最低限ここは!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~キャッチ・チラシその他編~

    タカシの風俗コラム

    2018-02-22 12:22:50

    風俗店を利用する前にその風俗店が優良店か悪質店か見極められないか、と思っている方のための記事です。   前回は風俗店の公式サイトを見て見極めるべきポイントを書きました。   前回の記事はこちら→【指名前にチェック!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~公式サイト編~&nbs...

    続きを見る

  • パフェの女

    官能小説

    2018-02-22 11:13:22

    僕は無職だ。   官能小説家になりたい僕は大学を卒業して就職しなかった。   1年やってみて、芽が出なかったら就職しよう。そんな気持ちでいた。       しかし、やはり現実とは厳しいもので。   コンクールに何度か挑戦してみたものの、賞にかすり...

    続きを見る

  • 忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    官能小説

    2018-02-21 19:18:55

    今日は会社の忘年会だった。   飲み会にさして興味のない僕は、一次会が終わったところで早々に帰路についていた。 冷たい風が、僕の頬を撫でる。 夜は深まっていたが、行き交う人の数は少なくなかった。 車道から漏れるヘッドライトの光が、なかなか途切れない。   「はぁ~。料...

    続きを見る

風俗雑記帳をもっと見る