風俗雑記帳 - 温泉旅館で浮気セックス ~前編~

風俗雑記帳[駅ちか]人気風俗ランキング&検索TOP

温泉旅館で浮気セックス ~前編~

俺は、彼女のミナコと温泉旅館にいた。

 

「寒くなってきたし、どっかの温泉であったまりたいね~」

 

そんなミナコの提案がきっかけだ。

大学生の身だが、バイトで稼いだお金がある。

気兼ねなく旅行できるくらいの余裕はあった。

 

ミナコと別行動をとって天然湯に浸かった俺は、浴衣に着替えて自室へ戻るところだった。

温泉なんて久しぶりに入ったけど、なかなか気持ち良かったな。

うるさい彼女がいなくてゆっくりできたというのも大きい。

おっと、別にけなしているのではない。

もちろん可愛いところもあるのだが……

 

「梶田くん」

 

俺はフロントで呼びかけられた。

顔を向けると、すらりとした女子が立っている。

……ん?

 

「河野?」

「そうだよ。久しぶり、梶田くん」

 

俺を呼んだのは高校の同級生、河野だった。

色白でほっそりしていて、女子にしては背が高い。

あまり変わっていないように見えた。

と言っても、卒業してから1年も経っていないが。

 

「何してるんだ、こんなところで」

「何って、見ればわかるでしょ?旅行に来たの」

 

確かに俺と同じ浴衣を羽織っているから、温泉に入ったのはわかるが。

 

「一人か?」

「そうよ、気楽でいいからね。梶田くんは?」

「俺は……」

 

河野から視線を逸らす。

なんとなく、彼女と一緒と言うのが恥ずかしかった。

 

「わかった。彼女と来たんでしょ」

「……よくわかったな」

「顔に書いてあるわよ」

 

悪戯っぽく笑う河野。

その笑顔も、勘がいいところも変わってない。

 

「あ、いたいた。ユウー!!」

 

今度は下の名前で呼ばれた。

聞きなれた声に振り向くと、ミナコが駆け寄ってきた。

 

「なかなか戻ってこないから探したよ~。さ、ご飯食べよ!」

 

彼女は河野に目もくれず、ひたすらに俺を見つめている。

 

「わかったわかった」

 

俺は河野に向き直った。

 

「じゃあ、俺はこれで」

 

河野は微笑みながら、そっと手を振った。

 

***

 

夜中の0時過ぎ。

俺はミナコに気付かれないよう自室を出た。

 

あの後、携帯に通知が来たのだ。

高校卒業後は河野とやり取りしていなかったが、ここにきてメールを受け取るとは思わなかった。

指定された時刻に、指定された部屋番号をノックする。

 

ドアが開くと、うっすらと微笑む河野の顔が見えた。

 

「入って」

 

そう促され、河野の部屋へ。

俺は座敷に腰を下ろした。

 

「どうしたんだ」

「その……久しぶりに会えて、嬉しかった、から」

 

途切れ途切れに話していたかと思うと。

いきなり、河野が寄り添ってきた。

 

「お、おい」

「私、大学でいじめられてて……寂しかったの」

 

腕を掴み、肩に顔を乗せんばかりに近づく河野。

彼女の胸がそっと当たった。

おそらく、ミナコのそれより大きい。

 

「高校生のときは言えなかったけど……梶田くんのこと、好きだったんだ」

 

上目遣いで見てくる河野の顔は、とても綺麗だった。

見つめ合ううちに、俺のペニスが少しずつ固くなる。

ミナコのことが頭をよぎったが、今はどうでもいい。

河野と触れ合いたくてたまらなくなった。

 

「俺が、温めてやろうか?」

 

かつての同級生は、無言で小さく頷いた。

 

温泉旅館で浮気セックス ~後編~|デリヘル雑記帳オリジナル官能小説シリーズ

 

(著者:サーモン木村)

過去のひとりごとはコチラ