手袋フェチは意外に多い?風俗で楽しめるプレイをご紹介![駅ちか]風俗雑記帳 - 大人のための"エロい"情報サイト

手袋フェチは意外に多い?風俗で楽しめるプレイをご紹介!

手袋フェチは意外に多い?風俗で楽しめるプレイをご紹介!

 

おっぱいが好き、特定の髪型が好き、学生服に萌える…など、誰でも1つくらいはフェチを持っているものです

 

また、同じジャンルのフェチでも人によって「ここは外せない!」というこだわりもあるでしょう。

 

そんな奥深くて広大なフェチの世界から、今回は「手袋フェチ」を取り上げてみたいと思います。

 

そもそも手袋フェチってなに?

 

 

グローブフェチとも呼ばれるこのフェチは、読んで字のごとく手袋に対して興奮を覚える方を表す言葉です。

しかし、その内情は意外と複雑。

 

「もともと手フェチだったが、それを手袋で隠すことのエロさに目覚めた」
「特定の素材でできた手袋の着け心地が好きで、季節を問わず着けていたい」
「手袋を着けた手で肌を触られるとゾクゾクする。人の手なのに別のナニカに触られているみたいで……」

 

このように、手袋フェチの方は部位フェチや素材フェチなどを併せ持っていることも多く、人によって複雑に変化するのが特徴です

 

手袋フェチが好む代表的な素材

 

 

手袋フェチの方が重要視するのは大きく分けて「着けたときの感触」「触られたときの感触」「見た目」の3つです。

 

そして、それら3つは使われる素材によって大きく変わります

 

ここからは手袋フェチの方が好む主な素材とその特徴についてご紹介していきます。

 

メジャーな綿やナイロン製の白手袋

 

白手袋の原材料は綿やナイロンといった一般的な衣服でも使われているようなものがほとんど。

肌荒れの原因になるような刺激も少なく、安全な素材だと言えるでしょう

 

また、バスガイドや運転手、鑑定士、執事といった特定の職業のシンボルにもなるアイテムです。

そういった職業フェチが転じて、手袋フェチになる方もいます。

 

白手袋は使い捨てのものなら手ごろな価格で購入できます。

そういった商品を活用すれば、風俗などで着用プレイをお願いする際に後処理が楽なのもうれしいポイントです。

 

高級感あふれるエナメルやレザー製の手袋

 

SM系やM性感などの風俗で使用される手袋は、ほとんどの場合がエナメル製かレザー製。

 

エナメル製の手袋は革に特殊な油を塗布することでツルツルとした質感に仕上げたもので、耐水性と高い強度が特徴です。

 

レザー製の手袋は革本来の特性を活かした製品で、独特な光沢と使い込むことで変わっていく質感を楽しむことができます。

 

革系の手袋は、革の素材によって異なる冷たさや肌ざわりを好む方も多く、メジャーな素材と言えます。

ただし品質が値段に比例するので、購入を考える際にはお財布とも相談して、できる限り良いものを買いたいですね。

 

風俗店でも利用されているラバー製手袋

 

いわゆる「ゴム手袋」と呼ばれるもので、塩化ビニール製とラテックス製の手袋は目にする機会も多いでしょう。

 

塩化ビニール製の手袋は家事でも使うもので、スーパーやホームセンターでも買うことができます。

強度と適度な硬さがあり、滑り止め用の凹凸が施されている商品もあります

 

ラテックス製の手袋は使い捨てにできる薄手のもので、医療現場などで用いられます。滑り止めはなく、ピタリと肌に吸い付く質感が特徴です

前立腺マッサージのサービスがあるM性感店では、お店側で用意していることもあります。

 

ただし、ラテックスはアレルギーを引き起こす可能性のある素材です。

また、着けやすいよう内側にパウダーがついている商品もありますが、こちらも肌がかぶれる原因になります。

自分はもとより女の子が痒みを訴えた場合は即座に使用を中止しましょう。

手袋を持ち込む際は「パウダーフリー」のものを選ぶとより安全です。

 

手が美しく見えるサテンやレースの手袋

 

どちらもフォーマルなドレスなどに合わせることが多い手袋です。

 

サテンの手袋は光沢があり、ツルツル・サラサラとした感触 で、ずっと触れていたいほど気持ちの良い生地です。

手を覆うタイプの他に、オペラ・グローブというロング丈の手袋もあり、見た目の好みも分かれます。

 

サテン生地はシルクを用いた高級なものから、合成繊維のリーズナブルなものまであり、お値段もさまざま。

 

レース編みの手袋はウエディンググローブとしても使用されます。手全体を美しく見せる効果があるので、手フェチの方にもおすすめです。

 

手袋に限ったことではありませんが、レース素材は下の素肌が透けて見えます。そこにエロさを感じる方も多いようですね。

 

手袋フェチにおすすめの風俗プレイ

 

 

手コキ専門店やM性感、SM系の風俗では手袋着用オプションを設定しているお店もあり、手袋でのプレイは意外に一般的なものです。

 

くすぐったくて気持ちいい?フェザータッチ

 

手袋は素材によって感触が大きく変わります。

なので、フェザータッチのような肌への愛撫と相性がとても良いのも魅力です

 

フェザータッチとは指先で撫でるように触るボディタッチの一種です。

触れるか触れないかの絶妙な力加減で肌を愛撫することで、「幸せホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」の分泌を促します。

 

また、フェザータッチ自体も気持ちの良いものですが、性感を高めて次のプレイに移れるので、より強い快感を得る切っ掛けにもなります。

 

  • 乳首やペニス
  • 脇腹、首筋、背中など胴体の敏感な部分
  • 腿の内側や足の付け根

 

上記の箇所をフェザータッチしてもらえば、普段とはまた違った快感と興奮を得られます。

 

プレイには肌ざわりの良いサテン手袋がおすすめですが、別の動物が素材のレザー系の手袋はより生物的な感触が楽しめます。

 

普段とは違った快感の「手袋コキ」

 

風俗での手袋プレイと言えば手コキが代表的ですが、手袋の素材に合わせた「手袋コキ」ならより大きな快感を得ることができます。

 

サテンや綿など肌ざわりの良い手袋はフェザータッチの要領で手コキをしてもらうといいでしょう。

プレイをお願いする際には、カリ首や裏筋といった特に敏感な部分を重点的に責めてもらうのがポイントです

 

レザー製の手袋は女性が着けているのに武骨な触感になるため、より普段のプレイとの違いを出したい方におすすめです

ただし、革製品は濡れた後に入念なお手入れが必要なため、プレイの際には水や精液がかからないように注意しましょう。

 

塩化ビニールやラテックス、エナメル製の手袋は耐水性があるため、ローションと併用できるのが大きな魅力

 

塩化ビニールは滑り止め用の凹凸がついているものもあり、とても強い刺激を感じることができます。

男の潮吹きオプションがある場合は、亀頭を中心に責めてもらうことで、アブノーマルな快感を得ることができますよ。

 

対してラテックスやエナメルは滑らかな表面をしているので、素手よりもツルツル&ヌルヌルとした感触が味わえます。

スムーズに動かせるのでペニス全体を満遍なく愛撫してもらいましょう。

 

同じようなプレイのできるオイルですが、ラテックス製の手袋は溶けてしまうので注意が必要です。

 

独特な興奮を得られる「手袋内射精」

 

手袋フェチならではのフィニッシュ方法として手袋内射精というものがあります。

 

具体的には着けていた手袋を外してもらってペニスに被せ、手袋の外側から愛撫してもらうことで手袋の中に射精するというプレイです。

 

女の子の体温がまだ残っているものに興奮する方や、手袋そのものが大好きな方などにおすすめ。

また、SM系の風俗店では女王様から手袋に射精するよう命令するパターンもあります。

 

使い捨ての白手袋やラテックス製手袋はそのまま捨てることができて後処理も簡単なので、プレイをお願いする際にはそういった手袋を用意するといいでしょう。

 

意外に奥深い手袋フェチの世界

 

手袋フェチは部位フェチ、職業フェチ、素材フェチ、マゾヒズムなどいろいろなフェチとも絡んでいる不思議な趣向です。

 

複合的な要素を持つため、個人によって楽しみ方が異なるのも魅力でしょう。

 

風俗では手袋着用は比較的お手軽にお願いできるオプションですが、肌に触れる感触が大きく変化するので「少しアブノーマルなプレイをしてみたい」という方にもおすすめですよ

 

手袋プレイが気になった方は、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!

 

 

既に手袋フェチの方には「どうしてもこの手袋でしてもらいたい」というこだわりもあると思います。その場合は手袋の持ち込みが可能なお店を探すのもいいでしょう。

 

もちろん持ち込みOKだからと言って、「この手袋をつけてほしい!」と突然持ち出すのはマナー違反なので、必ずお店に事前確認をしてから楽しんでくださいね。

 

関連の記事

人気ワード

カテゴリ別に記事を探す

新着風俗雑記帳

人気の雑記帳ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメ雑記帳

  • [駅ちか]で募集中の女の子ための稼げる風俗アルバイト・高収入求人情報を見てみる
  • 人気風俗グループ[駅ちか]人気風俗ランキング&検索