タグ「人妻」が含まれる記事すべて - [駅ちか]風俗雑記帳

記事一覧

記事一覧

Archive
  • 性奴隷に墜ちた俺の不倫妻

    性奴隷に墜ちた俺の不倫妻

    官能小説

    官能小説

    目の前の髪をつかんで、強引に喉奥まで突っ込む。むせて涙を浮かべるのを無視して、ガンガンと突く。根元まで女の口内に包まれる感触がたまらない。精液が尿道を駆け上がっていくのを感じた俺は、我慢せずに容赦なく発射する。   「ゲホッゲホッ……」鼻から精液をたらしながら咳き込む女をうながして、舌でチ○ポを綺麗にさせる。たちまち復活したので、挿入の体勢をとる。前戯なしなので、濡れちゃいないが気にしない。   無理やりねじ込み、一方的に突く。痛むんだろう、苦痛に顔を揺らしながら健気に喘ぐ。   俺が愛する妻を、性奴隷として扱うようになって1年が経つ。肉体的には気持ちいいがどこか空しい。2人とも、どこか壊れているんだろうなと思う。     妻と結婚したのは5年前。学生時代に先輩後輩として知り合い、恋人同士となった期間を含めるともう10年になるが、夫婦仲はよかったと思う。   夜の生活は週1ぐらいになっていたが、よく外食へ一緒に行っていたし、何でもよく話し合っていたし。明るくてカワイイ妻は俺の自慢だった。   ところが、俺が半年の長期出張へ出かけた間に、幸せだった結婚生活は激変してしまった。   お決まりすぎる「俺、出張→寂しい→高校時代の同窓会で当時のあこがれの人と再会→不倫」というコースを、妻がたどってしまったからだ。   出張から帰ってきたときに覚えた違和感。そこらへんに置いていたのに携帯を風呂まで持っていく、専業主婦のくせに無駄に用事を作っては出かけていく、化粧は濃くなり、何より俺とのセックスを避ける……   「まさか」とは思ったけど、妻が寝ている間に携帯を見てみたら、一発だった。出るわ出るわ、男とのメールやLINEの甘いやり取り、ハメ撮りこそはなかったけどデート中とおぼしきツーショット写真。   問い詰めたところ、妻は「さびしかった」「遊びだった、本気じゃなかった」「私をほうっておいたアナタも悪い」と開き直ったあげくの言い訳三昧。   普段は妻に甘い俺だが、この態度にはキレた。ネットで検索して、評判がよかった離婚に強い弁護士同伴のもと、同窓会男をきっちり締め上げ慰謝料ゲット。   そして妻の両親にも事の顛末を報告したところ、「あの娘とは絶縁する」と義両親も激怒。同窓会男に逃げられ、両親にも見捨てられた妻はやたらベタベタと甘えてくるようになった。   学校卒業後、一度は就職はしたものの、俺との結婚を機に寿退社。その後は専業主婦だっただけに、実家からも同窓会男からも見放されて、何とか俺にすがろうと必死だったのだろう。   よその男とセックスしていた事実が気持ち悪いので、以前のような夫婦に戻れる気がしないと正直に告げたところ、奴隷兼家政婦でいいから家に置いてくれと懇願してきた。   生理的に嫌なものがあるので、今でも妻とはキスしたくないし、ラブラブなセックスもしたくない。たぶん萎える。だが、こっちが一方的に突っ込むだけだったり、フェラをさせるだけだったら勃つし、発射できる。   今まで興味はあるけど、さすがに妻相手には、というプレイ……たとえばアナルやSMもここぞとばかり試した。嫌がったり反抗的な反応を示すこともあったが、離婚をちらつかせると、すぐ従順になった。   今日は何をさせようかなぁと楽しかったのも最初の数ヶ月だけ。最近の妻は、俺がたまに優しくすると泣いてひたすら詫びる。何もしなくとも、すごく挙動不審になる。そんな妻は見ていて辛い。ところが、奉仕を命令するとホッとした様子を見せるので、今日も無理にエロい命令をして、奉仕させなければいけない。   今思えば、泣こうが喚こうが何をしようがきっぱりと離婚するか、すべてを見なかったことにして不倫が終わるのを待つべきだったのだが、今さらもう戻れない。どちらかが完全に壊れてしまうまで、ご主人様は性奴隷妻に命令しなければならないのだ。 (著者:ひねもすのたり松太郎)

    続きを読む >

  • 人妻となった同級生と不倫セックス

    人妻となった同級生と不倫セックス

    官能小説

    官能小説

    僕は大学卒業間際に失恋した。 大好きだった女の子に彼氏ができていたのだ。 卒業式に思いを伝えようとしたのだが、彼氏持ちということで告白する気になれず、僕の恋はそのまま終わっていた。 それから1年が経った今。 今日は大学で仲良くしていたメンバーと、ちょっとした同窓会。 社会人になってから1年が経ったみんなの顔つきは、学生の頃とどこか違って見えた。 そして、その中には恋をしていたあの子の姿も。 いろいろな話題に花を咲かせているうちに、衝撃の事実が発覚した。 「け……結婚!?」 「うん、そうなの」 どこか照れくさそうに笑う彼女。 飲みの席にいたメンバーは皆驚きつつも興味津々だった。 「大学を卒業した後くらいから猛烈にアプローチされててね……ある日、とうとう折れちゃったんだ」 周りから上がる祝福の声。 それを聞きながら、僕は彼女が遠い存在になったような感覚を味わった。 もっと早い段階に思いを伝えていたら、未来は変わったのだろうか。 次の日は週末だったけど、仕事の人もいたので遅くなりすぎない時間に解散。 2次会に行く人も多かったけど僕は断った。 なんとなく、そんな気分じゃなかったから。 彼女も家庭があるから早く帰ったはず……と思いきや。 「今から○○駅前の××ホテルで落ち合わない?」 突如携帯に届いたライン。 恋をしていた子からいきなりこう切り出されては、ドキドキせずにはいられない。 指を震わせながらも「いいよ」と返信し、僕は待ち合わせの場所へ向かった。 *** 「私、好きだったんだよ。あなたのこと……」 「えっ?」 同じ部屋の、同じベッドの上。 静まり返った空間で、僕と彼女は見つめ合っていた。 いきなりホテルに誘われてからのこの告白。 まるで何かのドラマみたいだ。 いや、ドラマでもこんな展開、そうそうないと思う。 「好きだったんだけど、旦那のアプローチが激しかったからね……」 そう言ってすり寄ってくる彼女。 ここまでされると、僕も興奮せずにはいられなかった。 「僕も……君のことが好きだったんだ!」 「ふふっ。そんな気がしたよ」 そして自然と交わされる、僕たちの口付け。 彼女の甘い香りに誘われるように、僕は服を脱がしていった。 「本当はね……今の彼と結婚してよかったのかなぁって思っているんだ」 「そうなの?」 「うん。実際に同居してみると、いろいろ感じることもあって……」 どうやら彼女は、結婚したことで100%幸せになったわけではないらしい。 もやもやした気持ちを吹き飛ばすために、僕と愛し合いたいように見えたのだ。 「エッチなこと……しようよ」 僕はもちろんそれに応えた。 素肌をあらわにした彼女と抱き合い、何度もキスを重ねていく。 そして小さく膨らんだ胸をゆっくりと揉んだり、Gスポットを刺激したり、肉棒でひたすらに突いたり……あらゆるプレイをぶつけていった。 随所でいやらしい反応を見せていく彼女には、人妻っぽい妖艶さがあった。 これまで旦那とたくさん夜の営みを重ねてきた証だろう。 そんな彼女を、今夜に限っては僕が独占している。 その背徳感が、僕をより一層興奮させていたのだ。 そして、満足いくほど愛し合った後。 僕たちは裸のまま、息を切らしながらベッドに横たわっていた。 「楽しかった……」 「そう?」 「うん」 こちらを向き、にっこりと笑顔を作る彼女。 透き通るような白い肌が本当に綺麗だ。 「また、こういうことができたらいいね」 いたずらっぽく笑う彼女の言葉。 その意味を考えながらも、僕は彼女ともう一度キスをした。

    続きを読む >

  • スポーツジムの美人妻との汗まみれセックス

    スポーツジムの美人妻との汗まみれセックス

    官能小説

    官能小説

    「旦那もやっぱりバックが好きだったりすんの?」   「やっ、違う……でも、だって、気持ちいいから…」    喘ぎながら首を振る舞さんの、引き締まった腰をつかみながらバックでガンガン突いていく。すっげ気持ちいい、やばい、やめなきゃいけないのに、やめられんなこれは……。      どうも性格的にあわない新上司に、あまりな仕事量……10年間勤めた会社を退職したのは半年前のこと。軽く鬱にもなりかけていたので、それを盾にして会社都合にしてもらった。      おかげですぐに失業保険がおりはじめたし、アホほど安いが退職金も出た。何より忙しすぎてここ数年はろくに使う暇もなかったので、貯金もそこそこある。      鬱は会社を辞めたとたん治ったが、せっかくなので失業保険が出ている間はプラプラすることに。毎日、昼近くまで寝て、ゲームして、酒飲んで、野球を見て寝る! ヒャッハー!!  という生活をしていたら、劇的に太ってしまった。そりゃそうだ。      これはイカンということで、区立のスポーツジムに通いはじめたところで知り合ったのが、人妻の舞さん(仮名)だった。      平日昼間のスポーツジムなんて基本ジジババの巣窟なんだが、高級住宅街の近くだからか、区のジムで安いのに、セレブな主婦と思われる若い人妻っぽい女性もチラホラとはいた。体型維持とストレス解消のために週に2~3度ぐらいジムへやってくる30歳の舞さんもその一人。    平日では数少ない同年代なので会えば挨拶するようになり、挨拶の回数を重ねると世間話をするようになり、たまたま趣味やルーティンのトレーニングが似ていたこともあって、スポーツジムで会ったときは一緒にトレーニングするように。      マシンで汗を流す彼女の、ゆらゆら揺れるあちこちを眺めているのは非常に眼福だったし、スポーツジム以外の場所では誰とも会話のない俺。彼女と挨拶して、世間話を交わすことが何よりもの楽しみとなり、気づけばほれてしまっていた。      暇を持て余していた俺だから、他のジム仲間とのお食事会やらイベントの幹事を担当しまくることで、舞さんとの距離を縮めていく。1対1で食事に行くようになり、お酒は好きだが弱いという彼女を酔わせて、ついにラブホに連れ込むことに成功。        スレンダーで、普段はクールビューティーといった風情の舞さんだが、ホテルに入ってからはすごかった。延々10分以上はベロチューしてくるし、乳首やクリをいじくると「んんっ……」と、全身をビクビクさせるほど感じまくるし、初挿入したときは「はぁっ……あ、あ、あぁん!」とAVのような声をあげてよがっていたし。      ジムで鍛えているだけあって締まりもよく、1発目は3擦り半だったけど(笑)、お互いセックスに飢えていたから、そりゃもう腰が抜けるほどやりまくり。最後のほうなんて2人ともドロドロの汗まみれになりながら性器をこすりつけあってたもの。      聞けば旦那とはセックスレスになって長く、その不満を体で動かすことで解消しようとジムに通いだしたのだそうだ。初めてのセックスのときは結局ラブホに泊まることにし、朝まで盛ってしまったが、人妻である舞さんはそう何度もお泊まりはできない。      なので、舞さんはジムに行くと家を出てきて、俺と待ち合わせしてホテルに赴くように。ちょっといいシティホテルでも平日昼間のデイユースだと安く使える。綺麗な人妻と、立派なホテルで昼間からセックスでエロい汗を流すようになったのだ。      先日、失業保険がとうとう切れてしまったので、しぶしぶハローワーク通いを再開。運よくあっさりと再就職先を見つけることができた。今度の会社は夜勤が多い。もちろん平日昼間に、舞さんと会う時間を確保するために選んだ。今は仕事を終えたら彼女と会って一発やって、一緒にお昼を食べてから夕方まで寝るという生活サイクルを送っている。      いつ旦那に気づかれるかと思うと冷や汗も出るし、はっきり言って体力的には前の会社よりもきつい。そろそろ潮時かなとも思うが、ホテル通いと平行してジムワークも続ける舞さんはどんどん綺麗になっていくし、おねだりすると恥ずかしがりながら、いろんなプレイをしてくれる。このあいだなんか、とうとう生でやらせてくれたし。      会社はスパッとやめられたのに、やめるにやめられなくなってしまったスポーツジム人妻との不倫。どうしたものかなと思うが、きっとやめられないんだろうなぁ。   (著者:ひねもすのたり松太郎)

    続きを読む >

  • 私たちのSMプレイ

    私たちのSMプレイ

    官能小説

    官能小説

    私には自慢の旦那がいます。   大手の企業に勤める、背が高くてイケメンなサラリーマン。 優しくて気が利くし、おっちょこちょいな私をしっかり引っ張ってくれる頼もしい人なんですよ。 もちろん私への愛情もたっぷり注いでくれちゃいます。 旦那の好きなところを言っていくと……ううん、正直キリがないですね。 それくらい完璧な人です。   でもそうだ、敢えて一番好きな部分を挙げるなら……夜の営みが素敵なところでしょうか?   ***   その日も私は、旦那を縛っていました。 ロープをかけられた裸を見ていると、それだけで幸せがこみあげてきそうです。   「ちょっと……苦しいよ。ほどいてよ」   足元から、旦那の弱々しい声が聞こえてきました。 それを確認した私は、手にした鞭を思いっきり振り上げます。   「痛いっ!」   パシン、という気持ちいい音と共に悲鳴を上げる旦那。 一気に興奮してきました。 普段は引っ張られがちな私が、一転して上の立場になる……これほどの快楽はありません。 そして、それは旦那にとっても同じこと……私は知っているのです。   「喜んでるくせに。ほどくわけがないでしょ?」   静かに言い放ってから、鞭をまた一発、二発。   「あっ、あぁっ!」 「いい声ね……さぁ、もっと啼いて!」   パシンパシンという音と一緒に、旦那は律儀に悲鳴を上げてくれます。 がっちりした肉体を持つ男性が、情けない声を上げながら弱っていく……これが興奮せずにいられますか?   ひとしきり旦那を痛めつけた私は、鞭をテーブルに置きました。   「これはもう飽きたわ……次は、あなたの好物のアレよ」 「は、はいっ」   声は震えてるようだけど、表情は嬉しそうです。 全く……かわいいったらありゃしません。   勢いのまま、旦那をベッドに押し倒す私。 仰向けにさせたところで、私はベッドの上で立ち上がりました。 乳首の上に足をもっていき、そのまま下ろします。 その瞬間、ハイヒールの踵が彼の乳首に突き刺ささったのです。   「あぁっ……ったい!痛いっ!」   足首を右に左に動かしながら、旦那の表情を見つめます。 苦痛に顔を歪めている……ように見えて、気持ち良さそうにしているところも確認。 ちょうど良い加減みたいです。 ただイジメ倒すのではなく、ちゃんと相手のことも気遣ってあげる……Sプレイは意外と奥が深いものです。   「まだまだ序の口よ。今夜もたっぷりと楽しませてね」 「はいっ……」   私は柔らかく微笑みました。 夜の時間に、自らこんな役を買って出てくれる私の旦那。 そんな彼は、私の自慢のパートナーです。   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • ノブが絶賛した女優

    ノブが絶賛した女優

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     昨晩放送された「ダウンタウンDX」にお笑いコンビ・千鳥が出演し、人気女優の“かわいいエピソード”を披露しました。     その「人気女優」は有村架純。     ある日、千鳥が他局の番組出演のため楽屋で待機していると、「ひよっこ」を撮影中の有村架純が撮影の合間に千鳥のもとを訪れたそう。     突然の訪問を受けて驚く千鳥に、有村架純は「千鳥さん、いま一番好きです。頑張ってください。私も『ひよっこ』がんばります!」と言って帰ったのだとか。     これには、かねてから「架純ちゃん大好き」なノブはメロメロ。     ノブは「『死ぬ前の夢か!』と思った」と、天にも昇る気持ちだったことを明かし、スタジオは大爆笑に包まれました。     確かにこの“かわいいエピソード”はグッと来ますよね。     さて、風俗嬢の“エロかわいいエピソード”をお探しのアナタには「駅ちか人気!風俗ランキング」!     今日は未経験や経験浅のひよっこ嬢とプレイして、「死ぬ前の夢か!」を感じましょう!     逆に熟練のテクニックをご所望だという殿方には、人気嬢や人妻・熟女とのプレイをおすすめします❤     本日発表の全国ランキングを参考に「エロのクセがすごいんじゃ!」と唸るような嬢を探してください!     アナタの欲望と肉棒を満たす風俗情報サイトは駅ちか!     さぁ、本日もシュールな岡山弁ツッコミにエールを送りながら、出発進行!

    続きを読む >

  • オンナの素顔

    オンナの素顔

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     お笑い芸人・平野ノラが、自身のインスタでタオル1枚だけを巻いたセクシーショットを披露し、ファンを騒然とさせているそうです。     これは本日、自身が出演している番組の告知と共にアップされた画像のようですが、タオル一枚のなまめかしい姿が印象的な1枚。     平野ノラといえば、バブルネタで大人気となりましたが、実は素顔がなかなかの美女であることもファンの間で有名です。     このセクシーショットに対して、ファンから「お美しい……」「イイ女感」「女性でもドキッとしちゃいます!」「いいよね。昭和のエロス ぶっ飛びいぃぃいい!」「色気はんぱない!」「え!!!べっぴん」「巨乳グラビアに見える!!!」など賛辞コメントが相次いでいます。     もう39歳という平野ノラですが、女としての艶っぽさが増しているようですね。     さて、艶っぽいエロ嬢とのプレイをご所望のアナタに「駅ちか人気!風俗ランキング」!     本日も「ノラなんかよりマラに夢中❤」な嬢を駅ちかでお探しください!     今日も駅ちかでドクドクとたっぷり“ぶっ飛びいぃぃいい!”しちゃってくださいね♪     人妻、熟女とのお遊びもやっぱり駅ちかで!     さぁ、本日もバブリー芸人のオンナの顔にギャップを感じながら、出発進行!

    続きを読む >

  • 「イエス!」様降臨

    「イエス!」様降臨

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     あの国民的テレビアニメの新スポンサーに・・・イエス!!     1969年の「サザエさん」放送開始以来、同番組のスポンサーを務めてきた東芝ですが、現在経営再建中の立場であることから、現在同番組のスポンサーを降板する方向で調整中だそうです。     なんでも後継が見つかり次第、2018年3月末にも切り替わる可能性があるということですが、そこで名乗りを上げたのが高須クリニック院長の高須克弥氏。     本日午前中には自身のTwitterアカウントから「電通とフジテレビにすぐに連絡した。高須グループのハウスagencyと値段交渉開始なう。」とツイートし、その本気度をアピールしています。     果たして「サザエさん」に「YES高須クリニック!」の声は届くのでしょうか?     さて、「サザエもいいけどアワビもね❤」なアナタには「駅ちか人気!風俗ランキング」!     高須院長に劣らない「本気度」MAXの嬢と出会う旅・・・そのお供には駅ちかをお選びください!     素人、人妻、熟女、OL、痴女、お姉さん・・・全てに“イエス!!”な風俗情報サイトはやっぱり駅ちか!     クリを淫らにクリニックするなら駅ちかなんです!     さぁ、本日も院長の懐の深さに感服しながら、出発進行!

    続きを読む >

  • あのコンビが改名

    あのコンビが改名

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     「右ひじ左ひじ交互に見て」のリズムネタにプチブレイクしたお笑いコンビ・2700が、「ザ ツネハッチャン」に改名していたそうです。     2008年の「キングオブコント」で結成わずか8ヶ月という無名の存在ながら決勝進出したものの、結果は最下位。     その後経験を重ねて出場した「キングオブコント2011」では3年ぶりに決勝進出し、準優勝という結果を残していました。     彼らの代表作ともなる「右ひじ左ひじ交互に見て」はYoutubeでもフルバージョンが公開されるなど、一時人気を誇っていましたが、「このダンスをする」などの新たなシュールネタも不発。     そんな彼らが心機一転を兼ねてコンビ名を変更したそうです。     なんでも有名な占い師には「売れるのは50年後」といわれてしまったそうですので、改名する気持ちもわかります(笑)     さて、熟れて50年の人妻・熟女を探すなら「駅ちか人気!風俗ランキング」!     日本の性文化を支えてきた風俗業界において相変わらず根強い人気の人妻・熟女!     恥らう若妻もいいけど、熟れ熟れテクニックの人妻も最高ですよね❤     予想外の興奮に「右チチ左チチ交互に見て!」と懇願する人妻・熟女に出会うならやっぱり駅ちか!     さぁ、本日もツネハッチャンのブレイクを少しだけ期待しながら、出発進行!

    続きを読む >

  • M字開脚の真実

    M字開脚の真実

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     2000年代にグラビア界を席巻したインリン・オブ・ジョイトイが意外な告白をしました。     「エロテロリスト」を自称し、写真集やグラビアで過激な衣装やM字開脚を披露していたインリンですが、代名詞のM字開脚はなかなかの苦痛だった模様。     「実は体がすごく硬くて、M字開脚の撮影はいつも股関節がつったり、筋肉をぷるぷるさせたりでした」とは本人の弁。     世の男性を夢中にさせてきたM字開脚ですが、隠された苦労があったんですね(笑)     今はヨガに通っていてM字開脚をやりやすくなったという彼女ですが、「グラビアもタイミングが合えば再開したいな」とのこと。     41歳の人妻になり、より美しさに磨きがかかった感のある彼女ですから、グラビア復活は大歓迎ですね❤     さて、41歳のグラビアに疼きを覚えたアナタには「駅ちか人気!風俗ランキング」!     今日もヨガに通わず、ヨガりに夢中な人妻がアナタのご来店をお待ちしています♪     駅ちかの検索機能を使えば、「人妻」を軸にお好みの嬢がすぐに見つかっちゃいます!     M字開脚もM字の向こう側も見放題、舐め放題、愛で放題!     人妻との快楽プレイはやっぱり駅ちか!     さぁ、本日も淫乱・オブ・ジョイトイを探す旅へ、出発進行!

    続きを読む >

  • W不倫の行方

    W不倫の行方

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     二股不倫報道が明らかになった雨上がり決死隊・宮迫博之が、昨日放送の情報トークバラエティ「バイキング」で生釈明を行いました。     番組開始後、すぐに頭を深々と90度下げたまま登場した宮迫に、MCの坂上忍も「本当に申し訳ございませんでした」と代弁。     その後、「来たくはなかったんですが、嫁に『行ってこい、おまえ』と(言われた)」と神妙な表情で釈明しました。     モデルの小山ひかる、さらに30代の美容ライターの女性と、別々の日にホテルで密会していたとして週刊文春にバッチリ現場を押さえられた宮迫ですが、笑いを交えながらかわす謝罪の内容は非常に苦しいもの。     一応禊を済ませた形にはなったかもしれませんが、週刊文春による二の矢、三の矢があるかも…     ちなみにナインティナインの岡村隆史は自身のラジオ番組で「宮迫さんも僕も言うたら、異常性欲者ですから、しようがないっちゃしようがない」と語り、「『24時間テレビ』で100キロマラソン走って、最後に土下座して謝ったらええんちゃうの?」という提案をしていたそうです(笑)     この不倫騒動、まだまだ収まりそうにありませんね…     さて、異常性欲者の宮迫さん、岡村さんに是非ご利用いただきたい「駅ちか人気!風俗ランキング」!     相も変わらずゴシップの中心は不倫ネタですが、芸能界以外にも不倫の背徳感を味わいたいという男女が多数!     世間は夏休み突入ですが、駅ちかには暇を持て余した若妻、熟妻、エロ妻の情報が盛りだくさん❤     駅ちかで人妻風俗の情報をチェックして、W不倫以上のトリプル不倫を疑似体験するなんていかがでしょう?     感度高まるエロ妻情報はやっぱり駅ちか!     さぁ、本日も売れっ子お笑い芸人の激しいピストン運動にエールを送りながら、出発進行!

    続きを読む >

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

新着風俗雑記帳

人気の雑記帳ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメ雑記帳

  • [駅ちか]で募集中の女の子ための稼げる風俗アルバイト・高収入求人情報を見てみる
  • 人気風俗グループ[駅ちか]人気風俗ランキング&検索

都道府県から風俗を探す

駅ちかで人気のエリア・業種に即アクセス!