タグ「フェラチオ」が含まれる記事すべて - [駅ちか]風俗雑記帳

記事一覧

記事一覧

Archive
  • 雨の中での濃厚野外プレイ

    雨の中での濃厚野外プレイ

    官能小説

    官能小説

    デートはあいにくの雨だった。 しかし盛り下がったというわけではない。 むしろその逆だ。 雨が降る中、同じ傘の下でかけがえのないひと時を過ごせたのだから。 朝は映画を見て、午後は彼女の買い物に付き合って、夕方は豪華なディナーを味わう。 デートの内容も申し分ないものだった。 すっかり日が暮れた帰り道、俺は彼女と相合い傘を楽しんでいた。 日中もそうしていたように。 すぐ近くから漂う彼女の匂い。 周りが暗くなった時間帯。 これらの要素が混ざり合った途端、俺の中で一つの欲望がうごめいたのだ。 別に、今ここで発散する必要はない。 むしろ家の中とか、誰も見てないところでやるのが一番いい。 しかし……当時の俺は我慢できなかった。 ちょっと、そこの公園に入ろうよ。 俺の唐突な提案に戸惑う彼女。 相手の反応をよそに、引っ張るようにして公園へ連れて行く。 雨が降りしきり、明かりも少ない公園に人影は見当たらなかった。 誰もいないのなら、ここでやっても問題ない――。 俺の中にある熱いものは、もう止まらなくなっていた。 傘の下で彼女と向かい合い、顔をそっと近づける。 途中で彼女も察したらしく、唇は思いのほか早く重なった。 互いの唾液と舌が絡み合い、卑猥な音が響き始める。 そうして、どれくらいの時間が経ったのだろう。 いつの間にか、俺たちは傘を投げ捨てていた。 雨粒が体にかかる中、互いにねっとりと抱きしめ合う。 冷たさ以上に、ほとばしるような熱さを強く感じた。 勢いに身を任せ、彼女の衣服の内側に手を滑り込ませる。 柔らかい肌の感触が伝わった。 胸元に到達した俺の手は、まさぐりつつもブラをずらしていく。 ほどなくして、指が乳首を探り当てた。 はぁっ。はぁっ…… 雨音に紛れて、彼女の吐息が漏れてくる。 卑猥で、どこか温かい。 それを飲み込むかのように、もう一度彼女と唇を重ねた。 絡みつく舌と、固くなった乳首の感触。 股間部では、元気になった肉棒が彼女の体を擦り付けている。 雨の中、全身で彼女を感じるひと時。 そうそう出会えないシチュエーションで、俺の興奮は最高潮に達した。 もうっ。そっちばっかりずるいよ。 ふと唇を離すと、彼女の悪戯っぽく笑う顔が目に入った。 そのまましゃがみ込んだかと思うと、あろうことか俺のズボンに手をかけたのだ。 驚いたのも束の間。 ズボンとパンツが一瞬のうちに脱がされ、直立の肉棒がさらけだされた。 ぱくっと口に入れ、ねっとりと味わう彼女。 俺と同じように、このシチュエーションに特別な興奮を感じているのかな…… ふと、そう思った。 そっちばっかりずるい、か。 確かにそうかもしれないな。 彼女も存分に発散してもらいたい。 そう感じながら、俺は優しく頭を撫でていた。 冷たい冷たい、雨の中で。   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • バカで元気で、そしてどこか切ない。童貞達の映画。その名も『チェリーボーイズ』

    バカで元気で、そしてどこか切ない。童貞達の映画。その名も『チェリーボーイズ』

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     西海謙一郎氏、初長編監督作品の映画、『チェリーボーイズ』が現在公開中です!     主演は林遣都さんで、最近ではネット配信版の『火花』でも出演されていましたよね!     そんな林遣都さんが演じるのは、なんと童貞!!そして、あだ名はクンニ!! そんなクンニの幼馴染で、同じく童貞のビーチク、カウパーが繰り広げる、 おバカ童貞3人組のコメディ&ヒューマンドラマなのです。     キャストの演技、そして脚本もとても良いのですが、今回は劇中のおすすめシーンを紹介しちゃいます!     シーンは、とあるカラオケ店。そこには池田エライザさん演じる釈笛子、通称フェラ子。(このあだ名もすごい・・・。)   そんなフェラ子が数人の男子相手に挑むのは「フェラカラオケ」!   某人気番組でも「手コキカラオケ」なるものがありましたよね。そのフェラチオ版です。   ルールは簡単。   フェラチオに耐えながらカラオケ一曲を歌いきることができるか!?というものです。     さて男子達は強気に挑みます。   まず一人目、お調子者キャラの彼は、意気揚々としているが、いざフェラ子の行為が始まるとその表情は一変しちゃいます。   必死に耐えようとしますが、あっけなくイントロ中にフィニッシュ!     そして二人目、三人目と次々と果たさせます!すごい! 最後に残るは、グループのリーダー。通称、プーチン。今度は強敵です。   イントロが流れると同時にフェラ子もリズミカルに前後に顔を揺らします。     子分達とは違い、しぶとく耐えるプーチンですが、フェラ子も負けじと極上のテクニックを繰り広げます。 そして大事なAメロの第一声・・・。     「あ~~~!!!」とプーチンの声が部屋に響き渡る。     プーチン、フィニッシュ! 勝者、フェラ子!!     とてつもないバトルでした。   なにより関心を抱いたのは池田エライザさんの演技力ですね、リアルかつエロティックに演じていました!   このシーンの他にも見所満載の映画となっているので、興味のある方は劇場でご覧ください。   さて、フェラ子のような極上のテクニックを体験したい、そんなアナタにおすすめしたいのは 「駅ちか人気!風俗ランキング」!   チェリーボーイの方も、そうでない方も映画のような体験をしちゃいましょう!   さあ、初体験の淡い気持ちを思い出しながら、出発進行!

    続きを読む >

  • 忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    官能小説

    官能小説

    今日は会社の忘年会だった。   飲み会にさして興味のない僕は、一次会が終わったところで早々に帰路についていた。 冷たい風が、僕の頬を撫でる。 夜は深まっていたが、行き交う人の数は少なくなかった。 車道から漏れるヘッドライトの光が、なかなか途切れない。   「はぁ~。料理美味しかったね!」   隣から陽気な声が聞こえてきた。 僕の先輩、涼子さんだ。 他の人から美人と噂されることもしばしばである。   「ねぇ、ちゃんと飲んだの?」 「飲みましたよ」 「ほんとぉ~?」   隣を見やると、涼子さんの火照った顔が目に映った。 確かお酒は強かったっけ。   しばらく歩いているうちに、最寄り駅が見えてきた。 涼子さんともここでお別れだ。 明日は休み。何をしようかな。   「じゃあ、僕はこれで」   駅の入り口に足を向けようとしたとき、僕は左腕を引っ張られた。   「……もっと飲もうよ」 「えっ……?」 「いいじゃ~ん。こういう機会あんまりないからさ。ね、いいでしょ?」   気が付けば、僕は涼子さんに腕を掴まれたまま、駅から離れていく。   まぁ、美人とサシ飲みできるって考えれば悪くないかな。   このときの僕は、この程度にしか考えてなかったのだけれど……   ***   気が付けば、僕はラブホテルのベッドに座っていた。   「……あの」   涼子さんは荷物と上着を置いてから、僕の隣に座ってくる。   「飲むんじゃなかったんですか……?」 「ん~?今さら何言ってるのよ」   次の瞬間、唇が重なった。   「えっ……?」   口の中に、甘い感触が広がる。   「ラブホテルに入った時点で、わかっていたはずよ……何をするか」   涼子さんはスーツを脱ぎ始めた。 びっくりするほど速い。 ぽかんとしてる間に下着が外され、白い肌があらわになる。 柔らかそうに膨らんだ胸に、小さいけど形の良い乳首。 それを見た途端、体の芯が熱くなった。   「彼女、いたことないんだっけ?」 「は、はい……」 「そう……じゃあ、優しくしてあげるね♡」   涼子さんはズボンのベルトに手をかける。   止めてください。   ……なんてことは、言えなかった。   僕のズボンとパンツはあっという間に脱がされて、勃起したペニスが顔を出した。 悪戯っぽく笑った涼子さんが、僕のペニスを口に入れる。 ジュボジュボという音と共に、性器に舌が絡みついた。   「ふふ……意外と大きいのね。美味しいわ……」   ご満悦な表情を浮かべる涼子さん。   次第に、僕の理性も失われていった。   涼子さんが口を離した隙に、ベッドの上に座らせ押し倒す。   「ちょっと!」   驚いた声を上げる涼子さんをよそに、僕は来ていた服を全部脱ぎ捨てた。 涼子さんのスカートとパンツも一気に脱がす。 僕の瞳が、じんわりと湿ったアソコを捉えた。   「もう、びっくりさせないでよ……」   乱暴にされたはずなのに、涼子さんは優しげな表情を浮かべていた。 それどころか。   「ほら、入れて?」   誘っている。   乗るしかなかった。 僕はペニスを近づける。   「はっ……あっ、あぁん!気持ちいい!」   僕は夢中で腰を振った。 頭の中で火花が散っているようだった。 あんあんという卑猥な声が、室内に響き渡る。   やがて、僕は涼子さんの体内に全てを搾り出した。   初めての経験。 それは、びっくりするほど刺激的で、快感だった。   ゆっくりと息を吐きながら、涼子さんを見つめる。 彼女の呼吸は荒く、でも幸せな表情をしていた。   「……好きだよ」   涼子さんの声は、僕の耳元にしっかり届いていた。     (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • 驚きの騒音問題

    驚きの騒音問題

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅チカ人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     “週末ヒロイン”ももクロの野外ライブが物議を醸しています。     これは4月8日、9日の2日間に渡り、静岡県の富士見市が市制施行45周年記念事業の一環として招致した、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の野外ライブによって、都内まで届くほどの騒音が響き渡り、市内外から多数の苦情が寄せられたというもの。     この野外ライブの騒音に対しては、Twitterを中心に瞬く間にコメントが広がったそうですが、西東京市、東久留米市という東京都市部にまで騒音が届いたというから驚きです。     当然ながら同市には「音がうるさい」「いつまでやっているんだ」という苦情が集まったそうですが、市側は謝罪したうえで「売り上げが伸びた駅周辺飲食店などからのうれしい悲鳴もあり、地域振興の点で成果もあった」としているそう。 静岡から東京に届くって・・・どんだけの爆音なんでしょうか??     さて、ももクロよりもやっぱり“もも尻”が好きだというアナタには「駅チカ人気!風俗ランキング」!     本日も駅チカはアイドルレベルのもも尻、ハイクラス美女のエロ尻、人妻・熟女の熟れ尻情報を多数掲載しております!     風俗遊びなら、バックでもも尻をパンパンやっても、おまんまんをクチュクチュしても、フェラでジュボジュボやられても「音がうるさい」「いつまでやっているんだ」の苦情の心配要らず!     気を遣うことなく快楽の世界へいってらっしゃいませ・・・❤     さぁ、本日も週末エロインのリサーチに精を出しながら、出発進行!

    続きを読む >

  • マジシャン?テクニシャン!

    マジシャン?テクニシャン!

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅チカ人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     “口からトランプ”のマジックでおなじみのマジシャン・ふじいあきらが、先日放送されたバラエティ番組に出演し、ブレイク当時の最高月収などについて語ったそうです。     最近はテレビで全く目にすることのなくなったふじいあきらですが、2004年4月から、ゴールデンタイムの番組でレギュラーコーナーを手にするなどブレイク期を迎え、当時はテレビ出演が月25本、営業が月23本という時期もあったとか。     その頃の最高月収は800万円ほどに達し、本人曰く「(口から)出してるトランプが札に見えていた」というほどで、六本木に家賃40万円のマンションを借りるなどの贅沢をしていたそう。     しかしながら、お金の管理が不得手なふじいは、会社経営をしていた20年来の友人にお金の管理を任せた挙句、1,600万円もの大金を使いこまれてしまったそうです。     いや~、高い勉強代ですね・・・     さて、我々風俗ファンが高い勉強代を払わずに済むには・・・「駅チカ人気!風俗ランキング」!     ふじいあきらのマジックは“口からトランプ”ですが、やっぱり口の中で何度もストロークするフェラの方がいいですよね~❤     アナタにとって最高のマジシャン、至高のテクニシャンを見つけるなら駅チカ!     さぁ、本日も過度なパネマジに用心しながら、出発進行!

    続きを読む >

  • 恐怖の逆夜這い体験

    恐怖の逆夜這い体験

    官能小説

    官能小説

    会社の同僚の家におじゃました。     飲み会で飲み過ぎてしまった俺は、終電を逃してしまったのだ。そして嫌がる同僚を説得して家に泊めてもらうことにしたのである。     あいつが嫌がるのも冷静に考えればわかる。家には嫁さんがいるので他人を上げたくないってことだろう。   しかし昔お会いしたことがあったが、とても気さくな方で「ぜひうちに遊びに来てくださいな」と言ってくれたのである。だから家に上がってもいいはずだ。   そんな理不尽な言い訳をしながらそいつとタクシーで家の前まで向かった。       念のため嫁さんには事前に説明していたそうだが、客人用の布団だけ用意してすでに寝てしまったらしい。   まあ、深夜に酔っぱらいの相手をするのは、たとえ相手が旦那であっても面倒くさいだろうし、仕方ない。       俺はおとなしく彼に案内された部屋で寝ることにした。   どうせ明日は休みだったので、ここで飲み直しても良かったのだが、あいつが家族や近隣住民への迷惑を考えて真顔で注意してきたので、静かに眠る選択をする。寝床を貸してもらっておきながら迷惑はかけられないからな。       スーツを乱暴に放り投げて、パンツ一枚で布団に倒れこむ。   服を脱ぐところまでやったのだから、掛け布団をかける動作もできそうなものだが、俺はすでに眠気がマックスで、布団の上に乗っただけで意識を手放してしまった。情けないものだ。       どれくらい時間が経過しただろう。   外はまだ暗いので、ほんの数十分といったところだと思う。     俺は、俺自身の荒くなった呼吸音を聞いて、ゆっくりと目を覚ました。       「はぁ……んっはぁ」       何を苦しがっているのだろう。まるで幽体離脱しているみたいに、心と体が一致していない。   寝起きだからか、飲んだあとだからか、はたまた夢の続きを見ているのか……。   とにかく不思議な感覚だった。       次に気が付いたのは、下半身の違和感だった。   誰かが覆いかぶさっている様子なのだ。そのおかげで上手に身動きも取れない。もしかしたら、そのせいで呼吸が荒くなっているのかもしれない。       しかし、次に気付いた感覚がそれを否定した。       「ジュブ……ジュブ……ジュルル……」       なんと、俺は寝ている間にフェラチオをされていた!     照明もない真っ暗な部屋では、相手が誰なのかよくわからない。   あいつの嫁さんは先に寝ていたはずだし……かといって同僚は男だし……子どもはいなかったはずだし……いや、誰にしたって訪問者のペニスをこんなおいしそうに舐めるシチュエーションはあり得ないだろう。       相手も俺が意識を取り戻しつつあることに気付いた様子だった。   ラストスパートと言わんばかりに素早く、かつ的確なフェラチオを繰り出す。       「あっあっ、うぅん、んはぁ、あぁ、イク……イッちゃう……」       まるで女のような声が出ている。それだけ気持ち良いテクニックだったのだ。   俺は相手にされるがまま、盛大に発射してしまった。     まぶたが重くて相手の顔をマジマジと見ることができない。しかしペニスは感じている……俺の出したザーメンを、一滴残らず飲み込んでしまったことを……。       日が昇る頃、俺はそっとあいつの家をあとにした。   同僚がゲイだったにしろ、嫁さんが痴女だったにしろ、俺には刺激が強すぎて、受け入れられないような気がしたから……。         (著者:タルタル宗介) ======================================== ☆夜這いプレイが楽しめる風俗店はこちら☆   東京の夜這いプレイ風俗   名古屋の夜這いプレイ風俗   大阪の夜這いプレイ風俗   福岡の夜這いプレイ風俗 ======================================== ☆責め好きな子を探すならこちら☆   東京の責め好きな風俗嬢   名古屋の責め好きな風俗嬢   大阪の責め好きな風俗嬢   福岡の責め好きな風俗嬢   ■その他の地域はこちらから↓ 風俗・デリヘル情報 [駅ちか]人気風俗ランキング ========================================

    続きを読む >

  • ザーメンマニア

    ザーメンマニア

    官能小説

    官能小説

    皆さんには思い出の味ってありますか?       家族に連れて行ってもらった洋食屋さんのオムライス。     お母さんが作ってくれたカレーライス。       その香りを嗅ぐと情景が目の前に広がり、口に入れると懐かしさで泣きそうになる……。   そんな料理が人にはひとつくらいあるような気がします。       残念ながら私にはないんですけどね。       しかし「思い出の味」に似た体験だったらあります。   それはザーメンの味です。       女性の中には精液を口にするのを嫌悪する人もいるそうですね。   私はあの食感や口に広がる香り、味が好きです。そして何より口いっぱいに出される幸福感がたまらない……!     初めてセックスした学生時代からずっと、肌を重ねた男性のザーメンは一度は必ず口にしています。   私は世間一般ではモテる方なのか、男性経験が多くて、この体を構成している成分にザーメンも含まれているんじゃないか、と感じているほど……。     それだけ多くの男根を咥えてきたため、今では男性のザーメンを飲む時、思い出すことがあるんです。     「ああ、この薄さは17の夏に味わった教頭の精液に似ているな……」     「この味は、20の時に渋谷でレイプしてきた男性を思い出す……」     「すごい量だわ、昔会社で私が誘って、給湯室で味わった早漏課長の精液と同じくらい!」     男性のザーメンをテイスティングすると、昔の男性のものと比較して、当時の彼らを思い出すようになったんです。日頃は決して懐かしむことはないし、何なら似たザーメンを口にしないかぎり思い出すことのなかった男性だってたくさんいます。     体調によって男性の精液は味も量も色さえも全く違います。   だからザーメンとの出会いは一期一会なんです。全く同じものはあり得ない。ただ似ているってだけ。       私は将来、その微妙な違いを完璧に区別できるような女になりたいと思っています。   そしてペニスを咥えて、ザーメンを口の中で味わっただけで、誰のペニスなのか当てたり、その人の体調を理解したり、できるようになりたいとさえ思っているんです。     そこまでいったら本望ですよ。   自分のマンコにちんこを突っ込まれるよりも、ずっとずっとゾクゾクしてしまいます。   だから私は今日もフェラチオで彼のペニスをしゃぶります。今朝は濃いザーメンだったから、今夜は少し薄まっているかしらね。ふふふ。         (著者:タルタル宗介) ======================================== ☆ごっくんプレイができる風俗店はこちら☆   東京のごっくんプレイができる風俗   名古屋のごっくんプレイができる風俗   大阪のごっくんプレイができる風俗   福岡のごっくんプレイができる風俗 ======================================== ☆ゴックンができる子を探すならこちら☆   東京のごっくん可の風俗嬢   名古屋のごっくん可の風俗嬢   大阪のごっくん可の風俗嬢   福岡のごっくん可の風俗嬢   ■その他の地域はこちらから↓ 風俗・デリヘル情報 [駅ちか]人気風俗ランキング ========================================

    続きを読む >

  • エロさ際立つ奥深いフェラチオの世界!~ディープなイラマチオ~

    エロさ際立つ奥深いフェラチオの世界!~ディープなイラマチオ~

    おススメ風俗プレイ

    おススメ風俗プレイ

    前回、女性がご奉仕してくれるサービスのひとつとして、即尺の魅力を語ってみました。   出会ってすぐに咥えてくれる即尺は、その後のプレイをより濃密にしてくれる素敵なサービスです。     ※前回の内容はコチラ↓ エロさ際立つ奥深いフェラチオの世界!~即尺で痴女プレイ~     もちろん、即尺以外にも女性の口を使った極上テクニックは存在しますよ。   今回は「イラマチオ」の魅力について迫ってみたいと思います!         ・喉奥まで咥え込んでしまう「イラマチオ」   元気になったペニスはサイズも大きくなるため、なかなか全てを口に含むことが難しいもの。しかしコツを掴んだ女性はギリギリまでその竿を飲み込んで、口いっぱいにペニスを感じることができてしまいます。   それが「イラマチオ」というテクニックです。     喉の奥にペニスの先がノックし、男根全体はしっとりと口内に包まれた感触がある……普段のフェラチオでは感じ得ない、独特の快感がそこには広がっていることでしょう。         ・征服感を満たすプレイ!   また、ペニスに感じる気持ち良さだけではありません。   苦しげに表情を歪めながら、必死にズボズボと男性のシンボルを咥え込むその光景は、まるでその女性を陥落させたような、一種の征服感があります。     S気質の強い男性にとってイラマチオはその光景にこそ価値があるものだといっても良いかもしれませんね。         このようにフェラチオひとつとっても、さまざまなテクニックが存在します。     ただ気持ち良くするだけではなく、心も満たしてくれるイラマチオ。   全ての女性がプレイ可能なわけではないので、事前に確認してからお願いするようにしましょう。いつも以上に充実したひと時が味わえますよ!  

    続きを読む >

  • エロさ際立つ奥深いフェラチオの世界!~即尺で痴女プレイ~

    エロさ際立つ奥深いフェラチオの世界!~即尺で痴女プレイ~

    おススメ風俗プレイ

    おススメ風俗プレイ

    風俗では基本プレイとして定番のフェラチオ。   女性が男性のペニスを口に頬張って、敏感なところを刺激してくれるプレイです。       しかし、一言でフェラチオといってもプレイスタイルはさまざまあります。   口いっぱいに咥え込むのか、舌先でペロペロするのか、スジ裏を刺激するのか、カリをズボズボするのか……。   男性の好みもあるでしょうし、女性の得意技も人それぞれ異なると思います。     その中でも今回は人気の高い「即尺」の魅力に迫ってみましょう!         ・玄関を開けたらすぐに始まる「即尺」   普通の風俗なら玄関で挨拶をして、シャワーを浴びて、トークで彼女との雰囲気作りをして……とすぐにエッチなプレイが楽しめない場合がほとんど。   しかし「即尺」を採用している風俗店なら、出会ってすぐに女性が男根を求めてきます。   突然のことでしぼんでいるペニスだって、彼女の口にかかればすぐ元気!     貴重なプレイ時間を無駄にしたくない男性にとっては、まさに夢のようなプレイだといえるでしょう。         ・痴女プレイが好きな男性にもオススメ!   エロいことが大好きな痴女と熱く絡み合うようなプレイがお好みの男性にもオススメです。   即尺はもちろん、痴女は男性を喜ばせるテクニックをたくさん持っている場合が多いですよね。ここでしか味わえないような快感を楽しむこともできるでしょう。   ぜひ痴女風俗嬢と一緒に、即尺を皮切りに濃厚なプレイを楽しんでください!         いかがでしたか。   オプションに設定されていることが多い即尺ですが、基本プレイに含む風俗店も多々あります。   人によっては癖になってしまう即尺。まだ経験したことのない人は一度味わってみましょう。       ※【2016年5月27日追記】イラマチオについてはコチラ↓ エロさ際立つ奥深いフェラチオの世界!~ディープなイラマチオ~  

    続きを読む >

  • 恋焦がれた保険医は痴女だった

    恋焦がれた保険医は痴女だった

    官能小説

    官能小説

    男は女保険医に恋をしていた。   この大学の医務室は旧館の奥にある。人気はほとんど無い。       男はこの春で大学を卒業する。   その前にこの秘めたる想いを伝えようと、一日の全講義が終わる午後7時に医務室を訪れたのである。     コンコン     2回ノックをすると、中から「どうぞ」という綺麗な声が聞こえてくる。   男は「失礼します」と言って中へ入った。       「あら、藤崎君じゃないの。どうしたの?具合悪い?」     「あ、いえ……そういうわけじゃないんです」       女保険医は不思議そうな顔をしている。   男……藤崎は続けた。       「俺ずっと先生に伝えたいことがあったんです。先生……俺……先生のことが好きなんです」       藤崎がそう告げると、女保険医は驚いた表情を浮かべたが、ほどなくして微笑んだ。       「そうだったの……ありがとう。私、嬉しい」       女保険医は座っていた椅子から立ち上がり、藤崎に近づく。       「私も藤崎君のこと好きだったの……」       ふっと藤崎の耳元に息を吹きかけ、艶っぽく囁く。       「え……先生……」     「ねえ、両想いなんだから、いいでしょ?」     女保険医は医務室の鍵を内側からしめると、藤崎をベッドへと誘った。       「そんな、いきなり……」       藤崎は戸惑っている。   女保険医は素知らぬ顔だ。       「でも藤崎君、ここがもうこんなになっちゃってるわよ……」       女保険医は藤崎をベッドに座らせると、藤崎の股間をズボンの上から刺激し始めた。       「だって……先生のことが好きだから……」     「うふふ……可愛いわね」       女保険医は藤崎の性器を取り出し、パクリと咥え込んだ。   舌を竿にねっとりと這わせ、唇をすぼめてカリを刺激する。   性器全体を吸い上げながら鈴口を舌先で舐めまわす。       「先生っ、だめです……っ」       口では拒む藤崎だが、性器からは我慢汁がしとどに溢れ、女保険医の口内を汚していた。       「先生、藤崎君のせーし飲みたいな……まだ出ないのかしら」       そう言いながらジュルジュルと藤崎の性器を吸う女保険医は上目づかいで藤崎を挑発する。       「だめです、せんせ……出ます……!!」       藤崎は腰をビクビクと震わせ、女保険医の口内に大量の精液を吐き出した。   それを女保険医が残らず飲み下す。       「はあ……藤崎君のせーし……濃くて美味しかった……」       女保険医は満足げに舌舐めずりをした。   藤崎は射精の余韻に浸り、呆然とするしかなかった。         (著者:いがぐりデストロイヤー)  

    続きを読む >

  1. 1
  2. 2
  3. 3

新着風俗雑記帳

人気の雑記帳ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメ雑記帳

  • [駅ちか]で募集中の女の子ための稼げる風俗アルバイト・高収入求人情報を見てみる
  • 人気風俗グループ[駅ちか]人気風俗ランキング&検索

都道府県から風俗を探す