タグ「官能小説」が含まれる記事すべて - [駅ちか]風俗雑記帳

記事一覧

記事一覧

Archive
  • デリヘルで童貞卒業を試みたら…… ~後編~

    デリヘルで童貞卒業を試みたら…… ~後編~

    官能小説

    官能小説

    「癒やす……?」   問いかけるようなイントネーションで呟いた俺だが、正直近江さんが示唆することはなんとなくわかった。 ソファーに座ったまま俺の体にピッタリくっつき、上目遣いでこちらを見る近江さん。   童貞を卒業したい……そう感じていた俺にとってまたとない好機だ。   彼女にそっと顔を近づけると、ほどなくして互いの唇が触れた。 舌が口の中で絡み合う。 さすがはデリヘル嬢だ……舌使いのテクニックが段違いである。   「この前の堀田君のプレイ、とっても情熱的でよかったから……また愛してほしいな」 「うん……」   近江さんの服をそっと脱がしていく。 小さく膨らんだ彼女の胸があらわになった。 決して大きくはないけど、形のいい乳だ。   「あぁ、あぁ……」   ゆっくり揉むと、彼女の卑猥な息づかいが届いてきた。 触り心地も上々だ。 この間も触れたはずなのに全然覚えていない。 やっぱりあのときは集中していなかったんだ。   ※画像はイメージです   ムードが高まってきた俺たちはベッドへ向かった。 お互い裸になり、寝転びながら抱き合う。 激しいキスを交わしていく中、俺のペニスは最大限に勃起していた。   「堀田君のアソコ、もう一度舐めたいな」   彼女の希望に応えるべく、俺は立ち上がりペニスを向けた。 これでもかとしゃぶりついていく近江さん。 あまりの快感に頭の中が真っ白になりそうだった。   「次は、私のアソコも責めてほしいな」 「うん……」   再び横になり、69(シックスナイン)の体勢へ。 近江さんの陰部を舐め回していく。 そういえば、ホテルでも69やったっけ。 ペニスをしゃぶられる感覚も少しずつ思い出してきた気がする……。   「入れてくれる?」   トロンとした目線を送る近江さん。   「えっ、でも、ゴムが……」 「いいよ。いらない」 「……本当に?」 「うん、気持ちが昂ぶってるから……このままイっちゃおう?」   近江さんがそう言うのなら。 それだけの理由で俺は挿入した。 ペニスに伝わる温かい感触と、心地よい圧力。 本能に従うまま俺は腰を動かした。   「はぁっ、はぁっ、はぁああん……!」   室内に響き渡る近江さんの声と、ピストン運動を加速させる俺。   ラブホテルでもこんな声を聞いた覚えがある。 正真正銘初めてプレイしたときの記憶が、ピースをはめ込むように少しずつ取り戻されてきた。 近江さん……彼女は本当に、エロくていい女だ。   ※画像はイメージです   「気持ちよかったよ、堀田君」   全てが終わった後。 近江さんはキラキラした笑顔を浮かべていた。   「俺もだ、近江さん」   今回はデリヘルでのプレイではない。 一人の女性とのセックスで、間違いなく俺は童貞を捨てられた。 これでもう満足だ。   デリヘルで童貞卒業を試みたら、素敵な出会いが待っていた。   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • デリヘルで童貞卒業を試みたら…… ~中編~

    デリヘルで童貞卒業を試みたら…… ~中編~

    官能小説

    官能小説

    俺が始めてデリヘルを利用してから一週間が経った。 あの日を思い起こすたびに、感じることがある。   童貞を卒業できた実感がない。   自分でやったくせにこう言うのはなんだが……やっぱり本物の恋人とセックスしたい。 俺の知る限り、友人たちは皆ちゃんと彼女を作ってエッチしている。 そんな状況も相まって、デリヘルで童貞を捨てるというのは実際やってみると達成感が薄い気がした。   それに、近江さんと出会った衝撃が未だに抜けきれない。 付き合ってもいない知り合いとのプレイは、どうにもいろいろ気になってしまって充実感が少なかった。 これも童貞卒業を実感できない理由の一つである。   *** ※画像はイメージです   「最近仲直りしてからは、彼女とスゲー順調でさ……」 「マジ?よかったね~。俺らもいい感じ!」 「みんな仲良さそうでいいな。……ところで、堀田はどう?進展ありそう?」   その日は友達と飲んでいた。 各々が彼女自慢をした後に、独り身の俺がイジられる……もはやお決まりのパターンだ。   飲み会後、帰り道をとぼとぼ歩く。   「堀田君?」   ……この声は。 顔を上げ、正面に立つ女性をまじまじと見つめた。   「近江さん……」 「すごい偶然。また会っちゃうなんて」   全くだ。   「……今、仕事終わり?」 「うん、そうだよ」   こうして話しているときは、高校のときから何も変わっていない普通の女の子なのに。 デリヘルで働いているというのが未だに信じられない。   「ねぇ……」   突然、近江さんが身を寄せてくる。   「え?」 「せっかくだし、ちょっと話そうよ」 「話す……?」 「私の家、ここから近いんだ。寄っていってほしいな」   俺も男だ。 よくわからない展開だけど、女の子からこう言われたら断れない。   *** ※画像はイメージです   「私がデリヘルで働いてる理由、気になる?」   近江さんが住むアパート。 頂いたウーロン茶を飲みながら、彼女の話を聞く。   「それはまあ、気になるなぁ」 「そうだよね……私ね、大学中退したの」 「本当か?」   近江さんは小さく頷いた。 真面目そうなイメージがあったから、中退なんて……信じられない。   「とりあえず生活費を稼がないといけないから……未経験でも働けるデリヘルに入店したってわけ」   実家に帰るとか、他に選択肢はなかったのだろうか。 まあ彼女自身、いろいろ事情があるのかもしれない。   「堀田君」 「うん?」   近江さんがおもむろに身を寄せてきた。   「私、いろいろあって疲れちゃってさ……癒やしてくれると、嬉しいな」   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • デリヘルで童貞卒業を試みたら…… ~前編~

    デリヘルで童貞卒業を試みたら…… ~前編~

    官能小説

    官能小説

    大学3年にもなると、周りの友達はあらかた童貞卒業していた。 しかし女に縁がない俺は未だ童貞を捨てていない。   「堀田~、まだ彼女できねぇのか?」 「彼女欲しくないか?アレだったら合コンとか手配してやろうか?」   友人からはこんな感じでよくイジられる。 まあ、俺だって彼女が欲しくないわけではないが……別に無理して作らなくても、と思っていた。   しかし最近になって考えが変わり始めた。 この年になって童貞のままというのもアレなのでは、と。 周りが卒業しているのに、俺だけ取り残されるのはどうも寂しいな、と。   そんなわけでなんとかしてヤりたいと思い始めたのだが、彼女ができる当てはない。 となると、俺に残された選択肢は……   ※画像はイメージです   そう、風俗だ。   考えが決まった俺はバイトのシフトを増やし、軍資金を稼ぐことに努めた。 もともと浪費するタイプではなかったため、今まで貯めてきたお金もある。 1回遊ぶ分はすぐに捻出できそうだった。   風俗と言っても業種はいろいろあるが、女の子がラブホテルまで来てくれるデリヘルを選択。 店舗型の風俗へ行くのが少し恥ずかしかったからだ。   そんなこんなで、デリヘル遊び当日。 俺は特に気に入った女の子を指名し、ラブホテルでドキドキしながら待っていた。 そして……   コンコン   ドアのノック音。   「ついに来た……!」   緊張で胸が高鳴るのを感じながら、俺はそっとドアを開ける。   「ゆりえです。よろしくお願いします」 「あ、こちらこそよろしく……うん?」   まじまじと相手の顔を見る。 ホームページの写真ではわからなかったが、どこかで見たことあるような……?   「もしかして、堀田君?」 「……近江さん?」   そう、初めて利用したデリヘルで出会ったのは高校時代の同級生・近江さんだったのである。 当時はたまに会話する程度の関係だったが、クラスの中ではそこそこかわいかったので覚えていた。   「久しぶりだね~!元気してた?」 「え、ああ。まあ……」   明るく話す近江さんと対照的に、俺はかなり動揺していた。 なにしろかつての同級生がデリヘルで働いているのだから……どうリアクションすればいいものか。   「ふふっ。知ってる人とエッチするのは初めてかも。堀田君は風俗、よく行くの?」 「いや……今日が初めてだな」 「そうなんだ。それじゃあ……いろいろ教えてあげるね」   色気たっぷりの声で囁く近江さん。 一体何がどうなっているんだ……? 混乱する俺をよそに、昔のクラスメイトとの奇妙なプレイが幕を開けた。   ※画像はイメージです   プレイの感想としては、気持ちよかったのは間違いない。 近江さんの体はいい触り心地だったし、彼女のテクニックも素晴らしいものだったと思う。 ただ、相手がかつての同級生というのは何とも言えない気分がして……今ひとつ集中できなかった。 要するに童貞を卒業できたのはよかったものの、心から楽しめたわけではなかったのだ。   「堀田君が満足そうでよかった。じゃあ……元気でね。今日はありがとう」   全てが終わった後、近江さんはそう言い残して去っていった。 思い出話も特にせず、ただサービスを施し、受けただけ。 かつてのクラスメイトだった俺たちは、このときはデリヘル嬢とお客さんの関係でしかなかったのだ。 それが今後、再び変わっていくとは思いもしなかった。   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • 会社の先輩とレズプレイ~前編~

    会社の先輩とレズプレイ~前編~

    官能小説

    官能小説

    私は男の人が好き……そう確信していた。 だから、エッチなことも男性とするものだと思っていた。 でも、あの日。 私はレズビアンとして目覚めてしまった。 *** 会社帰りの、金曜の夜。 真っ直ぐ家に帰れるはずだったけど、私は残念ながら居酒屋にいた。 周りにいるたくさんのサラリーマンが楽しそうな声を上げている。 それに負けじとするように、正面に座っている神崎さんがジョッキをドン、と置いた。 「だいたいね、野田は余裕がなさ過ぎ、わかる?」 「はい……」 頬を赤くした神崎さんの威圧を前に、私は小さく頷くしかない。 私は新人で、この人は直属の先輩。 社内でもかなり厳しいと評判だ。 この絶対的な関係下において、私にできることはない。 「スケジュールに余裕がない分ミスが多くなるし、仕事の質も下がるし……もっと落ち着いて仕事しなきゃダメ」 「はい」 「で、落ち着いて仕事するにはそのための心構えをしなきゃダメ」 「はい」 今の会社に入ってから、この時間を何度も経験してきた。 お酒をグイグイ飲む神崎さんの講釈を、私はただ黙って聞く。 私はそこまで飲めるタイプじゃないから、神崎さんのペースに押されるばかりだ。 「私の言ってること、ただ聞き流すだけにしないでね」 「……」 「ちゃんと反省して、来週からの業務に活かすこと。わかった?」 「わかりました」 出来損ないの私は、こうやって色々言われることが多い。 仕事ができるようになったら、飲みに連れて行かれることも少なくなるのかな。 賑やかな店内で、私は黒いスカートをぎゅっと掴んだ。 早く終わってほしいな……。 「ん……結構飲んだかな」 その言葉に顔を上げる。 「だいぶ満足した。野田、そろそろ出るわよ」 「はっ、はい」 なんと!珍しく祈りが通じた。 私はどこかホッとした気持ちでカバンを手に取る。 神崎さんは慣れた手つきで財布を取り出していた。 新人だからということで、飲み代は基本的に神崎さんが持ってくれる。 そこだけは救いかもしれない。 ともかく、先輩の付き合いから解放され、しかも明日は週末。 私にも休みが来るんだ……そう思っていた。 「じゃあ次、行こうか」 「えっ?」 外に出たところで言われた、衝撃的な言葉。 まさかの2軒目……このパターンは初めてだ。 「まだ……飲まれるんですか?」 「何言ってんのよ、そんなわけないでしょ」 「えっ……じゃあどこに行くんですか?」 私の問いに、神崎さんは間を置いて答えた。 「アタシの家よ」 その言葉に対して、私はどんな表情をしていたのだろう。 (著者:サーモン木村) 会社の先輩とレズプレイ~後編~|デリヘル雑記帳オリジナル官能小説シリーズ

    続きを読む >

  • 温泉旅館で浮気セックス ~前編~

    温泉旅館で浮気セックス ~前編~

    官能小説

    官能小説

    俺は、彼女のミナコと温泉旅館にいた。   「寒くなってきたし、どっかの温泉であったまりたいね~」   そんなミナコの提案がきっかけだ。 大学生の身だが、バイトで稼いだお金がある。 気兼ねなく旅行できるくらいの余裕はあった。   ミナコと別行動をとって天然湯に浸かった俺は、浴衣に着替えて自室へ戻るところだった。 温泉なんて久しぶりに入ったけど、なかなか気持ち良かったな。 うるさい彼女がいなくてゆっくりできたというのも大きい。 おっと、別にけなしているのではない。 もちろん可愛いところもあるのだが……   「梶田くん」   俺はフロントで呼びかけられた。 顔を向けると、すらりとした女子が立っている。 ……ん?   「河野?」 「そうだよ。久しぶり、梶田くん」   俺を呼んだのは高校の同級生、河野だった。 色白でほっそりしていて、女子にしては背が高い。 あまり変わっていないように見えた。 と言っても、卒業してから1年も経っていないが。   「何してるんだ、こんなところで」 「何って、見ればわかるでしょ?旅行に来たの」   確かに俺と同じ浴衣を羽織っているから、温泉に入ったのはわかるが。   「一人か?」 「そうよ、気楽でいいからね。梶田くんは?」 「俺は……」   河野から視線を逸らす。 なんとなく、彼女と一緒と言うのが恥ずかしかった。   「わかった。彼女と来たんでしょ」 「……よくわかったな」 「顔に書いてあるわよ」   悪戯っぽく笑う河野。 その笑顔も、勘がいいところも変わってない。   「あ、いたいた。ユウー!!」   今度は下の名前で呼ばれた。 聞きなれた声に振り向くと、ミナコが駆け寄ってきた。   「なかなか戻ってこないから探したよ~。さ、ご飯食べよ!」   彼女は河野に目もくれず、ひたすらに俺を見つめている。   「わかったわかった」   俺は河野に向き直った。   「じゃあ、俺はこれで」   河野は微笑みながら、そっと手を振った。   ***   夜中の0時過ぎ。 俺はミナコに気付かれないよう自室を出た。   あの後、携帯に通知が来たのだ。 高校卒業後は河野とやり取りしていなかったが、ここにきてメールを受け取るとは思わなかった。 指定された時刻に、指定された部屋番号をノックする。   ドアが開くと、うっすらと微笑む河野の顔が見えた。   「入って」   そう促され、河野の部屋へ。 俺は座敷に腰を下ろした。   「どうしたんだ」 「その……久しぶりに会えて、嬉しかった、から」   途切れ途切れに話していたかと思うと。 いきなり、河野が寄り添ってきた。   「お、おい」 「私、大学でいじめられてて……寂しかったの」   腕を掴み、肩に顔を乗せんばかりに近づく河野。 彼女の胸がそっと当たった。 おそらく、ミナコのそれより大きい。   「高校生のときは言えなかったけど……梶田くんのこと、好きだったんだ」   上目遣いで見てくる河野の顔は、とても綺麗だった。 見つめ合ううちに、俺のペニスが少しずつ固くなる。 ミナコのことが頭をよぎったが、今はどうでもいい。 河野と触れ合いたくてたまらなくなった。   「俺が、温めてやろうか?」   かつての同級生は、無言で小さく頷いた。   温泉旅館で浮気セックス ~後編~|デリヘル雑記帳オリジナル官能小説シリーズ   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • 単位と引き換えに体を差し出した私

    単位と引き換えに体を差し出した私

    官能小説

    官能小説

    「セックスしてくれたら、単位をあげるよ」   それが先生の条件でした。   大学卒業がかかった授業の試験。 頭の悪い私は、見事に失敗してしまいました。 なんとか他の方法で単位を出してもらえないかと思い、先生に相談しに行ったんです。   「さあ、ブラを外しておくれ」   薄暗い先生の部屋。 私はブラのホックに手をかけました。 そっと胸がさらけ出されます。   「おお……いい形のおっぱいだね」   にやりと笑った先生は、私の胸を乱暴に掴みました。   「……っ」   上下左右に手を動かし、しきりに揉み続ける先生。 声になりそうでならない想いが喉元で渦巻きます。   「ああ……この感覚、久しぶりだ……気持ちいいよ」   嬉しそうな声を上げながら、先生は胸の谷間に顔を埋めました。 やがて、乳首に湿ったものが当たるのを感じたのです。 ちゅっ、ちゅっという音が辺りに響きました。   胸をひとしきり楽しんだ先生は、続いて私のスカートに手を伸ばしました。 スカートと下着を立て続けに脱がされ、私は生まれたての姿をさらけ出すことになったのです。   「ここの触り心地はどうかな~?」   ねっとりした声と共に、下半身に指を突き刺す先生。 私の中で何かがうごめきます。   「あぁ……あぁっ……」   抑えきれずに声を上げる私。 次第に先生が手を震わせ、高速で動かし始めました。 私の中で熱いものが溜まっていくような感覚に襲われます。   「はぁっ!」   突然、中身が飛び出すのを感じました。 私の下半身は、いつの間にかじんわりと湿っていたのです。   「キミ……エロいことが大好きでしょ?」   そっと視線を上げると、気味の悪い笑みを浮かべる先生の顔が。 望まないセックスなのに、なぜこんなにも感じてしまったのでしょう。   「次は俺も気持ちよくしてもらわなきゃな~」   先生はスーツをサッと脱ぎ捨てて裸になり、座っている私の前に立ちました。 目の前ににょきっと突き出されたのは、卑猥な色をした肉棒。 何も言われなくてもすることはわかっていたので、仕方なく咥えました。   興味ない人の肉棒なのですが、私は夢中で舐め回していたのです。 顔が火照るのを感じながら、先生の吐息を聞きながら、ひたすら舌を動かしました。 私はどうしてこんなにも精力的なのでしょう。 兎にも角にも単位が欲しいからでしょうか。 それとも……   「さあ、最終課題といこうか」   先生の肉棒を味わっていたかと思ったら、いつの間にか仰向けにされていました。 足を上げて、股を開いた状態で。 ほどなくして、下半身に何かが突き刺さります。   「はぁっ……あ、あ、あぁん!」 「へへっ、気持ちいいでしょ?」   激しくリズミカルに揺さぶられる私。 体の中で、何かが破裂しそうな感覚でした。   「あん、あん、あん、いくっ!いくううううっ!」   私にできるのは、こみ上げるものを声にして吐き出すことだけ。 体中に電流が走ったかと思えるほど、刺激的な時間でした。   やがて、強烈な一突きが刺さったかと思ったとき。 視界の揺れが収まっていました。   「ふぅ……」   先生の満足げな表情が目に入ります。 視界の端に白い液体が映っていました。   「お疲れ様。一番いい『優』の単位をあげるよ」   そう言い残し、先生はベッドから離れていきました。 しばらく息を切らしていた私にできるのは、裸のままただ横たわることだけでした。   私が最後に単位を取った授業。 それは、大学生活の中で一番印象的な出来事になったのです。   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • 忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    官能小説

    官能小説

    今日は会社の忘年会だった。   飲み会にさして興味のない僕は、一次会が終わったところで早々に帰路についていた。 冷たい風が、僕の頬を撫でる。 夜は深まっていたが、行き交う人の数は少なくなかった。 車道から漏れるヘッドライトの光が、なかなか途切れない。   「はぁ~。料理美味しかったね!」   隣から陽気な声が聞こえてきた。 僕の先輩、涼子さんだ。 他の人から美人と噂されることもしばしばである。   「ねぇ、ちゃんと飲んだの?」 「飲みましたよ」 「ほんとぉ~?」   隣を見やると、涼子さんの火照った顔が目に映った。 確かお酒は強かったっけ。   しばらく歩いているうちに、最寄り駅が見えてきた。 涼子さんともここでお別れだ。 明日は休み。何をしようかな。   「じゃあ、僕はこれで」   駅の入り口に足を向けようとしたとき、僕は左腕を引っ張られた。   「……もっと飲もうよ」 「えっ……?」 「いいじゃ~ん。こういう機会あんまりないからさ。ね、いいでしょ?」   気が付けば、僕は涼子さんに腕を掴まれたまま、駅から離れていく。   まぁ、美人とサシ飲みできるって考えれば悪くないかな。   このときの僕は、この程度にしか考えてなかったのだけれど……   ***   気が付けば、僕はラブホテルのベッドに座っていた。   「……あの」   涼子さんは荷物と上着を置いてから、僕の隣に座ってくる。   「飲むんじゃなかったんですか……?」 「ん~?今さら何言ってるのよ」   次の瞬間、唇が重なった。   「えっ……?」   口の中に、甘い感触が広がる。   「ラブホテルに入った時点で、わかっていたはずよ……何をするか」   涼子さんはスーツを脱ぎ始めた。 びっくりするほど速い。 ぽかんとしてる間に下着が外され、白い肌があらわになる。 柔らかそうに膨らんだ胸に、小さいけど形の良い乳首。 それを見た途端、体の芯が熱くなった。   「彼女、いたことないんだっけ?」 「は、はい……」 「そう……じゃあ、優しくしてあげるね♡」   涼子さんはズボンのベルトに手をかける。   止めてください。   ……なんてことは、言えなかった。   僕のズボンとパンツはあっという間に脱がされて、勃起したペニスが顔を出した。 悪戯っぽく笑った涼子さんが、僕のペニスを口に入れる。 ジュボジュボという音と共に、性器に舌が絡みついた。   「ふふ……意外と大きいのね。美味しいわ……」   ご満悦な表情を浮かべる涼子さん。   次第に、僕の理性も失われていった。   涼子さんが口を離した隙に、ベッドの上に座らせ押し倒す。   「ちょっと!」   驚いた声を上げる涼子さんをよそに、僕は来ていた服を全部脱ぎ捨てた。 涼子さんのスカートとパンツも一気に脱がす。 僕の瞳が、じんわりと湿ったアソコを捉えた。   「もう、びっくりさせないでよ……」   乱暴にされたはずなのに、涼子さんは優しげな表情を浮かべていた。 それどころか。   「ほら、入れて?」   誘っている。   乗るしかなかった。 僕はペニスを近づける。   「はっ……あっ、あぁん!気持ちいい!」   僕は夢中で腰を振った。 頭の中で火花が散っているようだった。 あんあんという卑猥な声が、室内に響き渡る。   やがて、僕は涼子さんの体内に全てを搾り出した。   初めての経験。 それは、びっくりするほど刺激的で、快感だった。   ゆっくりと息を吐きながら、涼子さんを見つめる。 彼女の呼吸は荒く、でも幸せな表情をしていた。   「……好きだよ」   涼子さんの声は、僕の耳元にしっかり届いていた。     (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

新着風俗雑記帳

人気の雑記帳ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメ雑記帳

  • [駅ちか]で募集中の女の子ための稼げる風俗アルバイト・高収入求人情報を見てみる
  • 人気風俗グループ[駅ちか]人気風俗ランキング&検索

都道府県から風俗を探す

駅ちかで人気のエリア・業種に即アクセス!