タグ「浮気」が含まれる記事すべて - [駅ちか]風俗雑記帳

記事一覧

記事一覧

Archive
  • 温泉旅館で浮気セックス ~後編~

    温泉旅館で浮気セックス ~後編~

    官能小説

    官能小説

    〔前編〕 温泉旅館で浮気セックス ~前編~|デリヘル雑記帳オリジナル官能小説シリーズ     ***   静まり返った室内。 河野が上目遣いで俺を見る。 その顔はとても綺麗だった。 間違いなく、ミナコより綺麗だ。   その美しさに吸い込まれるように、俺は顔を近づける。 ほどなくして、俺たちは唇を重ねた。   「梶田……くん……」   河野はほんのり頬を赤らめた。 頭の中ではいけないことだと思ったつもりだ。 しかし俺の手は止まらなかった。 止めようがなかった。   河野の浴衣を脱がしていくと、白くて大きな胸が露わになった。 見るからに形が良い。 右手を目一杯広げて、優しくゆっくりと揉んでいく。   「はぁ、はぁっ……」   河野の吐息を感じながら、無心で手を動かしていく。 薄ピンクの乳首が右に左に揺れていた。 勢いのまま口を近づけ、ちゅっ、ちゅっと吸い始める。 途端に、かつてない興奮が俺を飲み込んだ。   「梶田くんって、意外と……スケベなんだね」 「何言ってんだよ。男だから当たり前だろ」   俺たちはクスクスと笑い合った。   これでもかと乳房を堪能した俺の下半身は、みるみるうちに元気になっていた。 そうなると、河野の下半身も気になるというもの。 胸から体をなぞりつつパンティに手をかけた俺は、そっと脱がしていく。   そのとき、河野がサッと手を動かした。   「だめ、恥ずかしい……」 「大丈夫だって。優しくしてやるから」   笑いながら、俺は河野の手をどかした。 ふと見上げると、彼女もまんざらでもなさそうな表情を浮かべている。 なんだ、やっぱりして欲しいんじゃないか。   河野を丸裸にしたところで、まずは太ももの愛撫を始めた。 外側から内側にかけて、何度も手を往復させる。 体はこわばっているが、拒否するような素振りはなさそうだ。 やがて俺の指は河野のアソコに到達し、優しく撫で続ける形となった。   さて、そろそろ機が熟したか。   俺は意を決して指を入れ、クリを責め始める。   「はぁん!いや……あん!あぁん!」   突然喘ぎ出す河野。 性欲を抑えられなかった俺は、半ば乱暴に指を動かしていた。 ほどなくしてGスポットを見つけ、一気に手を震わせる。   「はあああん!あん!やっ……あぁん!」   まだ前戯だというのに、河野はすでに果てそうな様子さえ見せていた。   「河野……お楽しみはこれからだぞ」   俺は指を離し、浴衣とパンツを一気に脱ぎ捨てた。 全裸になったまま、ペニスを河野に近づける。   「え……入れるの?」 「あぁ」   俺は躊躇なくペニスを突き刺した。   「はぁん……」   河野が身を硬くする中、俺は彼女の綺麗な体つきを改めて眺めた。 目の保養を十分に堪能したところで、勢いよく腰を動かし始める。   「あん!あん!きっ……気持ちいいっ……!」   部屋中に叫び声を響かせる河野と、夢中で河野を揺さぶる俺。 浮気の後ろめたさはとうに消えていた。 河野の声とパンパンという音が俺たちを包み込む。   「あん!あん!はああん!いく!いくぅー!」   揺さぶりはどんどん速くなり、これ以上ない絶頂に達したところで……俺は体を硬直させた。 河野の中で、俺の精液がゆっくり搾り出されていく。 俺は河野の顔に視線を移した。   「梶田くん……」   彼女は息を切らしながらも、満足そうな表情をしている。   「すごく、良かったよ」 「俺もだ……河野」   にっこりと笑い合った俺たちは、最後にもう一度キスをした。 もはや罪悪感なんて存在しない。 それ以上に、充実したセックスの幸福感が強かった。   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • 温泉旅館で浮気セックス ~前編~

    温泉旅館で浮気セックス ~前編~

    官能小説

    官能小説

    俺は、彼女のミナコと温泉旅館にいた。   「寒くなってきたし、どっかの温泉であったまりたいね~」   そんなミナコの提案がきっかけだ。 大学生の身だが、バイトで稼いだお金がある。 気兼ねなく旅行できるくらいの余裕はあった。   ミナコと別行動をとって天然湯に浸かった俺は、浴衣に着替えて自室へ戻るところだった。 温泉なんて久しぶりに入ったけど、なかなか気持ち良かったな。 うるさい彼女がいなくてゆっくりできたというのも大きい。 おっと、別にけなしているのではない。 もちろん可愛いところもあるのだが……   「梶田くん」   俺はフロントで呼びかけられた。 顔を向けると、すらりとした女子が立っている。 ……ん?   「河野?」 「そうだよ。久しぶり、梶田くん」   俺を呼んだのは高校の同級生、河野だった。 色白でほっそりしていて、女子にしては背が高い。 あまり変わっていないように見えた。 と言っても、卒業してから1年も経っていないが。   「何してるんだ、こんなところで」 「何って、見ればわかるでしょ?旅行に来たの」   確かに俺と同じ浴衣を羽織っているから、温泉に入ったのはわかるが。   「一人か?」 「そうよ、気楽でいいからね。梶田くんは?」 「俺は……」   河野から視線を逸らす。 なんとなく、彼女と一緒と言うのが恥ずかしかった。   「わかった。彼女と来たんでしょ」 「……よくわかったな」 「顔に書いてあるわよ」   悪戯っぽく笑う河野。 その笑顔も、勘がいいところも変わってない。   「あ、いたいた。ユウー!!」   今度は下の名前で呼ばれた。 聞きなれた声に振り向くと、ミナコが駆け寄ってきた。   「なかなか戻ってこないから探したよ~。さ、ご飯食べよ!」   彼女は河野に目もくれず、ひたすらに俺を見つめている。   「わかったわかった」   俺は河野に向き直った。   「じゃあ、俺はこれで」   河野は微笑みながら、そっと手を振った。   ***   夜中の0時過ぎ。 俺はミナコに気付かれないよう自室を出た。   あの後、携帯に通知が来たのだ。 高校卒業後は河野とやり取りしていなかったが、ここにきてメールを受け取るとは思わなかった。 指定された時刻に、指定された部屋番号をノックする。   ドアが開くと、うっすらと微笑む河野の顔が見えた。   「入って」   そう促され、河野の部屋へ。 俺は座敷に腰を下ろした。   「どうしたんだ」 「その……久しぶりに会えて、嬉しかった、から」   途切れ途切れに話していたかと思うと。 いきなり、河野が寄り添ってきた。   「お、おい」 「私、大学でいじめられてて……寂しかったの」   腕を掴み、肩に顔を乗せんばかりに近づく河野。 彼女の胸がそっと当たった。 おそらく、ミナコのそれより大きい。   「高校生のときは言えなかったけど……梶田くんのこと、好きだったんだ」   上目遣いで見てくる河野の顔は、とても綺麗だった。 見つめ合ううちに、俺のペニスが少しずつ固くなる。 ミナコのことが頭をよぎったが、今はどうでもいい。 河野と触れ合いたくてたまらなくなった。   「俺が、温めてやろうか?」   かつての同級生は、無言で小さく頷いた。   温泉旅館で浮気セックス ~後編~|デリヘル雑記帳オリジナル官能小説シリーズ   (著者:サーモン木村)

    続きを読む >

  • 熱愛で厄払い

    熱愛で厄払い

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     一部で「ピストン浮気」ともいわれた離婚劇から4年、俳優・中村昌也の熱愛交際が発覚しました。     中村昌也といえば、「元モー娘。」の矢口真里と2012年に結婚し、順風満帆な夫婦生活を送っているものと思われていましたが、2013年5月にの矢口真里の浮気が発覚。     その浮気も中村昌也の留守中に矢口真里が男を自宅に連れ込み、深夜から早朝までセックスにふけり、早めに帰宅した中村昌也にピストン真っ最中の現場を押さえられたともいわれています。※諸説あり     当然のように2人は2013年5月30日に離婚。     それまでバラエティ番組で大活躍だった矢口真里は謹慎を経て、騒動から約1年半後に復帰したものの、以前のような人気は戻らず、現在ではC級タレント扱い。     一方の中村昌也は世間から同情されながらも粛々と芸能活動を継続し、ついに新しい恋を見つけたようです。     お相手はGカップ巨乳のダイナマイトボディーで人気の森咲智美だそうですが、次こそはピストン浮気など経験しないよう、幸せになって欲しいですね。     さて、「ピストン浮気」の単語に月曜日からムラついてしまったアナタには「駅ちか人気!風俗ランキング」!     本日も自ら腰を振ってピストンの快楽に溺れましょう!     バキュームフェラのリズムに合わせてほんのりピストン、手コキのリズムに合わせて激しくピストン、アレに入れてケモノのようにピストン、ピストン❤     最高のピストンを味わうならやっぱり駅ちか!     さぁ、本日もミニモニ娘の淫獣っぷりにドン引きしながら、出発進行!

    続きを読む >

  • 騒動を乗り切れるか?

    騒動を乗り切れるか?

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     W不倫疑惑で自身の疑惑について「オフホワイト」と表し、涙と笑いでなんとかこの騒動を鎮静化させようとしている雨上がり決死隊・宮迫博之。     その宮迫に複数の女性からタレコミが殺到しているといわれています。     先週放送された「バイキング」で騒動について自ら釈明し、深々と頭を下げた宮迫ですが、どこかの議員さんと同じく「一線は越えていない」と男女の関係は否定していました。     しかし現在、各週刊誌に「私も宮迫さんと関係を持った。証拠もある」といった情報が多数寄せられており、今後決定的な不倫報道が飛び出す可能性があるのだとか。     大物吉本芸人ついては、ダウンタウン・浜ちゃん、桂文枝が過去に不倫騒動を起こしていますが、いずれも短期で終息。     “一線を超えた女性”が多数待機中とみられる宮迫は、果たして騒動を乗り切れるのでしょうか?     さて、性欲の高まりを乗り切る自信のないアナタには「駅ちか人気!風俗ランキング」!     本日も駅ちかの充実した風俗情報で「オフホワイト」な色合いのアレを放出しちゃいましょう!     大人の夏休み真っ最中ですが、風俗業界は休み知らずで盛り上がっております❤     「普段は忙しくて少ししか出勤できない嬢」も、ここぞとばかりにご出勤しておりますので、レアタイムを存分にお楽しみくださいね♪     大人男子の夏休みもやっぱり駅ちかから!     さぁ、本日も宮迫の無事を祈りながら、出発進行!

    続きを読む >

  • あのハーフ芸人が

    あのハーフ芸人が

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     またしても芸人に女性問題発覚!     ブラジル人の父を持つハーフ芸人として知られ、その個性的な風貌でドラマや映画などでも活躍する、お笑いコンビ「デニス」の植野行雄が二股交際をスクープされています。     スクープした写真週刊誌によると、怒りの告発をしたのは井川遥似の36歳美女。     去年の7月に飲み会で出会って以来、何度か2人で会ううちに男女の仲になったそうですが、植野にはれっきとした本命彼女がいたことが問題。     今年の春先、なんと本命彼女から電話があったことから発覚したそうですが、井川遥似美女は「彼は本命の彼女がいることをずっと隠して、私と交際を続けていたんです。もちろんその間、何度もSEXを求められました。そして彼女に私の存在がバレると、一方的に別れを告げてきたんです」と怒り心頭。     ホント、芸人の下半身スキャンダルは永遠に終わることがなさそうですね・・・     さて、永遠に終わることのない日本の風俗界には「駅ちか人気!風俗ランキング」!     デニス植野の節操のない下半身には駅ちかが効果テキメン!ボク、イケメン!(オッケェェェーーー!!!!)     デニスもペニスもデニスのペニスも全部駅ちかで面倒見ましょう!     駅ちかは本日も日本全国の新鮮&お得な風俗情報がワッサワッサベイベー!     さぁ、本日もラテン顔C級芸人のハンパなスキャンダルに失笑しながら、出発進行!

    続きを読む >

  • 「最悪の気分です」

    「最悪の気分です」

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     民放局女子アナとの真剣交際宣言直後の浮気が発覚してしまった、お笑いタレント・おばたのお兄さんですが、本日お相手の女子アナが「ワイドナショー」の番組内で心境を語りました。     女子アナは冒頭で「最悪の気分です」と語り、スタジオ内の爆笑をさらいましたが、ダウンタウン・まっちゃんの「(交際を)やめておいた方がいいと思っていた」というコメントに苦笑い。     とりあえず今後については「姿勢を見守るということで」と現時点での破局は否定しました。     まっちゃんに「おまたのお兄さん」とイジられ、浮気についても「一回したっていうことは、千回、万回しますね」とまで断言されてしまった女子アナですが、心中穏やかではないはずですよね…     さて、日曜日にムラムラして心中穏やかでないアナタには「駅ちか人気!風俗ランキング」!     今日もアナタの街でスケベな「おまたのお姉さん」が待機中!     駅ちかの風俗情報をしっかりとチェックすれば、お遊び後に「最高の気分です」と語れること間違いなし!     梅雨のジメジメした空気を一掃するなら、駅ちかの風俗情報を見て街に繰り出すしかありませんよね?     さぁ、本日も女子アナの「浮気返しの相手になりたい」願望を持って、出発進行!

    続きを読む >

  • さっそく浮気発覚

    さっそく浮気発覚

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅ちか人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     俳優・小栗旬のモノマネが人気で、最近はメディア露出も増えているお笑い芸人のおばたのお兄さん。     最近は民放局の女子アナとの交際を公にし、真剣交際が話題になっていましたが、そんなおばたのお兄さんに浮気が発覚しました。     スクープした写真週刊誌の記事によると、お相手はおばたのお兄さんのファンだった吉木りさ似の20代美女で、SNSを通じておばたのお兄さんがアプローチ。     地方公演に誘われた女性がホテルに宿泊した際、おばたのお兄さんがホロ酔いで部屋に訪れ、「野球拳をやろう」という無茶な注文からSEXまでに至ったのだとか…     女子アナとの交際が始まった時期と被っているということで、これは完全にアウト。     女子アナはショックを感じているそうですが、今回の騒動を謝罪したおばたのお兄さんは改めて真剣交際を宣言しました。     果たして2人の仲はどうなっていくのでしょうか?     さて、アナタとエロ嬢、2人の仲をしっかり取り持ちたい「駅ちか人気!風俗ランキング」!     今日も大クリ、小クリ、エロクリむき出しの嬢がアナタをお待ちしています❤     風俗なら「野球拳をやろう」というまどろっこしいフリもなしで、即アレができちゃいますからね!     駅ちかは今日も日本全国の風俗情報をたっぷりと配信中!     アナタの街で、アナタ好みの嬢とピンポイントで出会えちゃいます♪     さぁ、本日も女子アナと中途半端な芸人の交際に違和感を感じながら、出発進行!

    続きを読む >

  • エロLINE流出

    エロLINE流出

    車掌のひとりごと

    車掌のひとりごと

    運転手はキミだ、車掌はボクだ♪ こんにちは!「駅チカ人気!風俗ランキング」のエロ車掌です(`・ω・´)ゞ     人気芸人のエロLINEが流出!     2009年の「キングオブコント」で優勝した人気お笑いトリオ「東京03」のメンバー・豊本明長が、女優でモデルの濱松恵と交わした過激なLINEでの会話が流出しています。     これは本日発売の写真週刊誌にスクープされているもので、豊本と濱松の生々しいエロLINEがスクリーンショット付きで掲載されています。     スクショでは豊本が濱松にオナニーを促す模様や、豊本の「気持ちいいならお尻だって舐めるよ」の問いかけに、濱松は『(笑) 恥ずかしいけど気持ち良い』と応えるなど、なんとも破廉恥なやり取りが繰り広げられています。     豊本は女子プロレスラーの上林愛貴と事実婚状態ではあるものの、婚姻関係はないために不倫とはなりませんでしたが、このエロLINEの内容は今後の活動に支障を来すほどのレベルではないでしょうか?     昨年11月に濱松と知り合い、すぐに男女の関係になったということですが、あまりにも脇が甘すぎますね(笑)     さて、好みの女性の脇なら甘くなくても舐める!・・・というエログルメなアナタには「駅チカ人気!風俗ランキング」!     今日は豊本のエロLINEを参考に、嬢とエロトークで盛り上がってみませんか?     男ならLINEの活字で「お尻だって舐めるよ」だけで終わらせず、直接ナマで舐めちゃってくださいYO!     今日も女の子に「恥ずかしいけどキモチイイ・・・」と、アナル舐めの背徳感を味あわせてやってください❤     さぁ、本日も売れないタレントのハニートラップに注意しながら、出発進行!

    続きを読む >

  • 確信犯と故意犯

    確信犯と故意犯

    官能小説

    官能小説

    目の前の女はこんな夜更けに人の部屋に上がり込んだかと思ったら、恋人の愚痴を延々と語っている。   時刻は午後11時だ。       「それでね、俺は悪くないの一点張りなの。ひどくない?」       俺はもう風呂にも入った後だったのでパジャマ姿で延々と話を聞かされている。   湯冷めもいいところだ。   明日が土曜日ということがまだ救いだった。       「あ、ていうか、ごめんこんな時間に。彼女大丈夫?」       そう。俺には彼女がいる。   こんな風に他の女をこんな夜遅くに部屋に上がらせていい身分ではないのだ。     それにしても白々しい。   上がり込んでもう一時間は軽く経っている。   「彼女大丈夫?」だなんて今更だ。       「大丈夫じゃないけど、別に、彼女に言わなければいいだけの話だし」       そう言いながら目の前の女のショートパンツから伸びる白い脚をチラリと覗き見る。   俺はうっかり生唾を飲み下した。       「ふーん。ところでそっちはどうなの?うまくいってるの?」     「別に、普通だよ」     「普通?なーんだ。悪くはないんだ?」       まったく帰る気配が無い。   どういうつもりなんだ。   夜中に、彼女がいる男の部屋に上がり込んで、自分の恋人の愚痴を長々と喋って、そんなに脚を曝け出して、彼女との仲を普通だと評したらあからさまに不機嫌になって。     何か期待しているのか。   それならお応えしても構わない。   自分の部屋で、そこそこ好みな女と夜中に二人きりになったら、馬鹿な男はどうなるかを教えてやろう。     俺は女を抱き寄せ、組み伏せた。       「このことは、誰にも言うなよ……?」       女の柔らかそうな唇に自分のそれを重ねる。   すると女のほうから舌を絡めてきた。       「ん……」       しばらくお互いの舌を吸い合っていたが、息苦しくなった俺は女と唇を離した。   すると女はニヤリと笑った。       「彼女大丈夫なの?」       またその台詞か。   大丈夫なはずがない。   でも……       「いい。言わなければいいだけの話だし」       さっきもこんな会話をしたな。   そんなことを思いながら俺は女の服をはだけさせ、乳首にしゃぶりつき、片手で陰部を刺激した。       「あんっ……もう……あんたも悪い男だね……」       女は相変わらず悪い笑みを浮かべていた。   俺はそのまま女を抱いた。   女は恋人の愚痴を言いながらもどこか寂しそうな顔をしていたのだ。   俺はそれを放っておけなかっただけの善人。   そういうことにしておく。         (著者:いがぐりデストロイヤー) ======================================== ☆素人っ娘と遊べる風俗店はこちら☆   東京の素人風俗   名古屋の素人風俗   大阪の素人風俗   福岡の素人風俗 ======================================== ☆イチャイチャが好きな子を探すならこちら☆   東京のイチャイチャ好きな風俗嬢   名古屋のイチャイチャ好きな風俗嬢   大阪のイチャイチャ好きな風俗嬢   福岡のイチャイチャ好きな風俗嬢 ========================================

    続きを読む >

  • 金曜の昼下がり、団地妻と

    金曜の昼下がり、団地妻と

    官能小説

    官能小説

    金曜日の昼下がり、宅配の仕事で尋ねた家の女性に       「お茶でもいかがですか?」       と誘われ、美人に弱い俺はホイホイと部屋へと通されたのだ。   そして、今に至る。       「最近主人が相手してくれなくて……寂しいの……お兄さん、慰めてくれない……?」       俺は一瞬思考が停止した。   いや、まあまず部屋に通されるだけでも非現実的だが、まさかこんな漫画のような展開が世の中に本当に存在するのかと。   呆気にとられた俺が何も答えられずにいると、そっと手を握られ、寝室に連れていかれたのだ。   普段ご主人と一緒に寝ているであろうダブルベッドに腰掛けさせられたかと思うと、団地妻からの猛攻撃が始まった。     熱いディープキスだ。舌と唾液をねっとりと絡めながら、ズボンの上から俺のアソコをいやらしく撫で上げる。       「ねえ、欲しくなってきたでしょ……?」       団地妻はズボンの中から俺自身を取り出して、直接手でシュコシュコと扱き始めた。       「ほら、元気になってきた……」       硬くなり始めた俺のものを見て、にっこりと微笑む団地妻。   今度は何をするのかと思いきや、たわわに実った巨乳をボロリと曝け出し、その巨乳で俺のものを挟んできたのだ。いわゆるパイズリだ。   どこまでも非現実的な状況に、俺は確かに興奮していた。       「奥さん……ダメですよ……」     「うふふ……いいじゃない……あなたも満更でもないんでしょう……?」       そりゃそうだ。こんな美人に誘われてエロいことをされているのだ。嫌なわけがない。   俺が反論できずにいると、団地妻はベッドのサイドテーブルの引き出しから例のゴムを取り出した。       「ねえ、いいでしょう……?」       そう言いながら俺のものにそれを被せていく。   そして騎乗位の体勢で、俺のものは遂に団地妻の膣内へと挿入されてしまったのだ。       「あああああ、気持ちいいぃぃ……!!」       相当飢えていたらしい団地妻の腰は止まらない。   上下に、前後に、自分の気持ちいい場所にあたるように自由に動きまわる。   その激しい腰づかいに、最近溜まっていた俺は早くもイキそうになっていた。       「奥さん……!!だめです……イキます……!!」     「いいわよ……イッて……!!私もイキそう……あああああん!!」       俺は我慢できずに団地妻の腰をガシッと掴み、ガクガクと下から突き上げてやった。   その動きに合わせるように団地妻も激しく腰を振り、俺たちは同時に果てたのだ。         (著者:いがぐりデストロイヤー)

    続きを読む >

  1. 1
  2. 2

新着風俗雑記帳

人気の雑記帳ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

オススメ雑記帳

  • [駅ちか]で募集中の女の子ための稼げる風俗アルバイト・高収入求人情報を見てみる
  • 人気風俗グループ[駅ちか]人気風俗ランキング&検索

都道府県から風俗を探す

駅ちかで人気のエリア・業種に即アクセス!