キャバの宅急便[仙台|美女揃いデリヘル]

キャバの宅急便

  • 0120-510-882

  • 10:00-翌3:00

  • 料金:高級

  • カード決済:○

  • 領収書発行:○

店舗基本情報

業種
デリヘル
主な派遣先
仙台市青葉区
エリア
仙台
最寄駅
仙台駅
料金
70分 15,000円~
関連カテゴリ

芸能人御用達の最高級店

芸能人御用達の最高級店

仙台に訪れた芸能人・芸人・文化人・スポーツ選手御用達の仙台最高級老舗店

!!キャバ宅×駅ちか!コラボ企画!!
【駅ちか見たと言うだけで70分コースがなんと5000円割引】




キャバの宅急便、いまやアイドル級の女の子しか在籍することが許されない仙台屈指の有名店である。

キャバの宅急便の衝撃的オープンから早10年。風営法改正等、環境は
日々変化しているが私たちが追求している女性の質は衰えることなく
最強の領域へ到達しようとしています。

私たちは日々変化する時代の流れ、法律に従い、ドリームプレゼンターで
ある事のプライドを失うことなく顧客満足を忘れない。

あなたがキャバタクグループのホームページにアクセスした時、
「地方都市にこんな店があるのか」と驚くだろう。
そして、あなたご自身で確かめてください、キャバタク・クオリティを・・・

お知らせ もっと見る

「人気AV女優在籍」02/09(金) 15:54 | キャバの宅急便のお得なニュース

パネルマジックとは、主に風俗業界において女性従業員の紹介写真(パネル)を修正処理することにより、実物より良く見せる技術(マジック)の意味である。
「パネマジ」とも呼ばれる。性風俗関連特殊営業を行う性風俗店においては、写真修正は当たり前のことと捉えられており、ことさら「パネマジ」という言い方をするのは落差が著しい場合のことが多い。
Wikipediaより


当店はアイコラ・ウエストを削る・胸を大きくする・顔の輪郭を変える・目を大きく見せるなどの修正は一切行っておりません。

冷静に考えてみてください。
高額な料金設定にもかかわらず、値引きやイベントもせずに10年間営業できているのはリピーター様のおかげです。
真面目な経営方針とオーナーのこだわりが沢山のお客様のご支持をいただいております。

あなたがパネマジで痛い目をみたなら多少料金は高いですが当店をご利用ください。

いろいろな女の子を呼ぶたびに感動するはずです。

出勤予定

前回更新:01:04

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    0

明日以降の出勤を見る

料金システム

料金表
基本システム 45分 14,000円
60分 17,000円
70分 20,000円
90分 26,000円
120分 35,000円
150分 44,000円
180分 53,000円
240分 71,000円
6時間 110,000円
その他のシステム 交通費 無料~
指名料 無料
入会金 無料
延長料 3,000円(10分)
オプション
  • ピンクローター 3,000円

店舗基本情報

店名 キャバの宅急便
電話番号 0120-510-882
営業時間 10:00-翌3:00
お支払い・決済方法 現金、クレジットカード
業種 デリヘル
ジャンル(関連カテゴリー)
料金体系 高級
領収書発行
エリア 仙台
住所 宮城県 仙台市青葉区
最寄駅 仙台駅
オフィシャルサイト http://www.cabataku.com/top.php

本日の出勤状況 02/24(土) 01:04

  • 待機中

    0
  • 出勤予定

    0
月島ゆあ

D

月島ゆあ

23歳/160cm B:86 W:57 H:85

  • セクシー系
  • 美乳

詳細を見る

周辺のお店ランキング

ランキングをもっと見る

オススメ女の子ランキング

ランキングをもっと見る

周辺のホテルランキング

風俗雑記帳

  • 最低限ここは!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~キャッチ・チラシその他編~

    タカシの風俗コラム

    2018-02-22 12:22:50

    風俗店を利用する前にその風俗店が優良店か悪質店か見極められないか、と思っている方のための記事です。   前回は風俗店の公式サイトを見て見極めるべきポイントを書きました。   前回の記事はこちら→【指名前にチェック!優良風俗店を見極めるポイントはこれ!~公式サイト編~&nbs...

    続きを見る

  • パフェの女

    官能小説

    2018-02-22 11:13:22

    僕は無職だ。   官能小説家になりたい僕は大学を卒業して就職しなかった。   1年やってみて、芽が出なかったら就職しよう。そんな気持ちでいた。       しかし、やはり現実とは厳しいもので。   コンクールに何度か挑戦してみたものの、賞にかすり...

    続きを見る

  • 忘年会の後に先輩社員と濃厚セックス

    官能小説

    2018-02-21 19:18:55

    今日は会社の忘年会だった。   飲み会にさして興味のない僕は、一次会が終わったところで早々に帰路についていた。 冷たい風が、僕の頬を撫でる。 夜は深まっていたが、行き交う人の数は少なくなかった。 車道から漏れるヘッドライトの光が、なかなか途切れない。   「はぁ~。料...

    続きを見る

風俗雑記帳をもっと見る