Drag

【初心者必見】潮吹きのやり方やコツ、仕組みまでを徹底解説!

【初心者必見】潮吹きのやり方やコツ、仕組みまでを徹底解説!

AVを見たことがある人なら誰もが一度は憧れる『潮吹き』。

 

まるでお漏らしをしているかのように勢いよく潮を吹く女性を見ていると、かなり神秘的に思えて興奮してしまう……、という人も少なくないでしょう。

 

しかし、プレイ中に潮を吹かせようとしたけれど上手くできなかったという経験をお持ちの男性もいらっしゃるはず。

 

AVの真似をしても、実は簡単にできるものではないんです。

潮吹きを成功させるためには、しっかりと潮吹きに関しての知識を身につけておく必要があります。

 

「どうすれば潮を吹かせられるの?」
「あの液体はおしっこなの?」
「潮吹きにコツってあるの?」

 

実際、このようなさまざまな疑問を抱いている方は多いでしょう。

 

そこで、この記事では潮吹きの仕組みやコツ、やり方、テクニックなどを解説します!

ポイントを押さえれば、経験豊富ではなくても女性に潮を吹かせることが可能です。

 

「自分の手で女性を潮吹きさせてみたい」という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

トピック

そもそも「潮吹き」ってなに?

女性の尿道から液体が放出される現象!

AVでは馴染みのある潮吹きですが、「潮吹きってなに?」と聞かれたときにきちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか?

 

そこで、まずは潮吹きに関する現象を理解しておきましょう!

 

まず潮吹きとは、女性がオーガズムを迎えるときに尿道から液体が放出される現象です。

男性の射精に似ている点から、英語では「Female ejaculation(女性の射精)」とも呼ばれています。

 

女性は性感帯を刺激されると膣内に愛液を分泌します。これが一般的に「濡れる」という現象。

 

そして、この愛液が尿道に溢れると、収まりきらなくなった愛液を勢いよく噴射します。

これが潮吹きと呼ばれる現象の仕組みといわれています。

 

潮吹きと尿失禁の違いは成分

女性が潮吹きをした際に放出される液体ですが、これは尿ではないと考えてよいでしょう。

なぜかというと、この潮の正体はスキーン腺液なのではないかという説があるからです。

 

スキーン腺の正体

スキーン腺とは膣の上壁に位置し、尿道の下流の末端近くにある分泌腺。

性的興奮を感じた際に、挿入をなめらかにする液体を分泌する器官のひとつです。

 

スキーン線液は、乳白色か無色透明。感触としては少しだけ粘り気があり、ニオイは無臭。

 

一方で、尿の成分は尿素が大部分を占めており色は薄い黄色。サラサラとしており、少しニオイがあるのが特徴。

 

なので、プレイ中に潮吹きをしたのか尿失禁をしてしまったのかは、色やニオイですぐに判別がつくでしょう。

 

とはいえ、実は未だに潮吹きのメカニズムははっきりと解明されておらず、明確な確証がないのです。

だからこそ謎も多く、つい魅力的に感じてしまうのかもしれませんね。

 

潮吹き経験がある女性の割合は少ない

AVを見ていると「女性は誰でも潮吹きができる」と思ってしまいがちですが、実は潮吹きの経験がある女性は多くありません

 

諸説ありますが、割合的には5人に1人。

 

セックス時に必ず潮を吹いてしまうという女性もいれば、人生で一度も潮吹きをした経験がないという女性もいます。

 

AV女優でも潮吹きできない方もいるので、恋人や風俗嬢が潮吹きできなくても責めないであげてくださいね。

 

また、潮吹きできるかどうかは女性の体質や開発具合、興奮度などさまざまな要素が影響します

なので「自分にテクニックがないから相手に潮吹きさせられないんだ……。」と落ち込む必要もありませんよ。

 

潮吹きのやり方・テクニックを実践してみよう!

男性がやり方やテクニックを覚えて女性に実践すれば、たとえ相手に潮吹きの経験がなくても潮を吹かせることができるかもしれません。

 

潮吹きは、ただ闇雲に激しい手マンをすればできるというわけではありません。

むしろ、こういった女性が痛がるようなプレイは逆効果。

潮吹きにもちゃんとした手順があります。

そして、女性を潮吹きさせるにはテクニックが必要です。

 

潮吹きのやり方とテクニックを押さえて実践してみましょう!

1.時間をかけて丁寧に前戯をおこなう

潮を吹くためには、愛液をたくさん分泌させて女性を濡れ濡れにさせることが大事!

 

舌や指を使ってしっかりと時間をかけて丁寧に全身を愛撫してあげましょう。

女性の反応を見ながら、感じやすい部分を刺激しましょうね。

 

また、ポイントは女性がリラックスできるように優しく触れてあげること。

強すぎる刺激では、女性の緊張がほぐれず性的興奮も高まりません。

女性は精神的な安心感を覚えると、緊張がほぐれ、次第に性的興奮が高まり愛液を分泌します。

 

潮を吹かせるのであれば、前戯は絶対に必要な工程ですよ。

 

【前戯について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!】

【上手な男は実践済み】女性を虜にする前戯のやり方・コツを徹底解説!

 

2.リズミカルにGスポットを刺激する

潮吹きは、女性が最も感じる場所『Gスポット』を刺激すると起こる現象

なので、潮を吹かせたいのであればGスポットを愛撫しましょう。

 

Gスポットの位置は個人差がありますが、膣口から約3cm5cm入ったところにあるザラザラとした場所です。

女性の反応を見たり、どこが気持ちいいのかを聞いたりしながら感じる場所を把握しましょう。

 

また、いきなりペニスを挿入してGスポットを的確に探り当てられる男性はいないと思うので、まずは指を使って刺激をしてみましょう。

 

基本的には「人差し指と中指」か「中指と薬指」を挿入します。

女性が痛がるようであれば1本ずつ指を入れて、慣れさせてから2本目の指を挿入して手マンをしてみましょう。

 

優しくGスポットを刺激し、女性がオーガズムに達しそうになったらここからが本番。

 

ここでGスポットへの刺激を止めてはいけません。

女性が体をよじらせたり、逃げたりしようとしても「我慢しなくていいよ」と優しく声をかけてあげます。

 

【手マンについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!】

女性が気持ちいいと感じる上手な手マンのやり方やコツを徹底解説!

 

3.「漏れそう」という感覚が近づいてきたら潮吹きの前兆

潮を吹くとき、女性はまるでおしっこを漏らしてしまうような感覚に襲われます。

この「漏れそう」という感覚が潮吹きの合図

 

潮を吹くときに漏れそうな感覚を尿意と錯覚してしまい「出ちゃう」「漏らすのは恥ずかしい」といった自己防衛から、ほとんどの女性が我慢をしてしまいます。

 

しかし、ここで刺激を止めてしまうと潮を吹かせることはできません。

この感覚を乗り越えられると、女性は潮を吹けるようになります。

 

潮を吹かせてみたいという男性は、女性に「潮はお漏らしとは違うんだよ」、「潮を吹くのは恥ずかしくないよ」と伝えてあげるのが大切。

 

恥ずかしいという気持ちを取っ払ってあげて、オーガズムへ導いてあげれば潮を吹かせることができますよ。

 

覚えておきたい潮吹きの3つの注意点

視覚的にかなり興奮を掻き立てる潮吹きですが、実践するにあたって注意しておきたい点が3つあります。

 

潮を吹かせるには男性のテクニックだけではなく、女性への気遣いも同じくらい重要

大事な女性が相手であれば、より一層細心の注意が必要ですよ。

 

1.膣を激しく刺激しない

女性の膣は繊細です。

絶対に強い力で押したり、引っ張ったり、摘んだりしないようにしましょう。

これらの強すぎる刺激は、女性からするとかなりの激痛が走ります。

 

最悪の場合、膣内が傷ついてしまい出血してしまう場合も……。

女性にこのような体験をさせてしまうと、潮吹きどころか関係悪化の原因となってしまいます。

 

必ず女性の膣を含む性感帯は、優しく丁寧に扱いましょうね。

 

2.潮を吹いてもいい環境を整える

女性によっては大量に潮を吹く人もいます。

何も準備をせずに潮を吹かせてしまい「ベッドがびしょびしょになってしまった」「近くに置いていた大事なものに潮がかかってしまった」なんてことにならないように注意しましょう。

 

ベッドの上でプレイし潮を吹かせるのであれば、あらかじめタオルを女性の体の下に敷いてあげましょう

もしくは風呂場といった、濡れても抵抗がない場所でプレイしましょう。

 

潮吹きによってベッドを汚してしまうことに不安を抱える女性も少なくありません。

少しでも不安な要素があると、女性はつい潮を吹くのを我慢してしまうかもしれません。

 

安心して潮吹きできる環境であれば、女性はリラックスして潮を吹きやすくなるはず

潮を吹かせたいのであれば、女性が安心できる環境を意識して整えてあげましょう。

 

3.潮を吹けるかどうかは個人差がある

潮吹きのやり方やテクニックを押さえてプレイしても、潮を吹かせられない場合があります。

 

でもそれは当然のこと。

なぜなら、女性は誰しもが潮を吹けるわけではないからです。

 

また、その日の体調や、その人自身の体質など、あらゆる要因が重なって潮を吹けないケースがあることを覚えておきましょう。

 

潮を吹けないからといって、相手の女性を責めないようにしてあげてくださいね。

 

もしどうしても潮を吹かせてみたいというのであれば、潮吹きを得意としている風俗嬢とプレイしましょう。

 

【潮吹きができる風俗嬢を見つけてみよう!】
「東京」の潮吹きができる風俗嬢一覧はこちら

「横浜」の潮吹きができる風俗嬢一覧はこちら
「大阪」の潮吹きができる風俗嬢一覧はこちら

すぐに実践できる!潮吹きのコツ

「潮を吹かせられない……。」と悩んでいる方は多いでしょう。

 

そこで、ここでは潮吹きのコツを3つご紹介します。

 

すぐに実践できるものだけをピックアップしたので、さっそく女性に試してみましょう!

 

1.事前に多めの水を摂取させる

潮を吹かせるには、膣内を愛液で満たすことが重要。

そして、愛液の分泌には細胞水分量が関わってきます。

 

体の水分が不足していると愛液も分泌されにくくなってしまいます。

なので、セックスをする前に女性に水分を摂取してもらいましょう

大量の水分を摂取すると、潮を吹きやすくなるんだそうです。

 

ちなみにAV女優はこの方法で潮吹きをおこなっているんだとか。

 

「水分を取る」というかなりシンプルな方法ですが、潮吹きには欠かせないポイントのひとつ。

 

しかし、これはあくまでドーピングのようなもの。

大量の水を摂取したからといって「絶対に女性が潮を吹くというわけではない」と念頭に置いておきましょう。

 

2.一度イカせておく

一度イカせておくと、女性は潮を吹きやすいといわれています。

 

イカせられるのであれば、その方法は問いません。

手や舌、ペニスなどを駆使して、女性の感じるポイントを刺激しましょう。

 

そして、絶頂を迎えて敏感になった女性の体にさらなる刺激を与えて潮吹きを促してみてください。

女性の体は、絶頂を迎えると膣内がより一層柔らかくなります。

潮を吹かせるのに欠かせないGスポットも、膣内が柔らかくなればより的確に刺激を与えられますよ。

 

ちなみに、女性は緊張していると性的興奮が高まらずイクことができません。

なので、リラックスできるように前戯を丁寧におこない、緊張を解いてから絶頂に導いてあげましょうね。

 

3.潮吹きしやすいM字開脚でプレイする

『姿勢』も女性を潮吹きさせるのに重要なポイントのひとつ。

潮吹きをさせるのに適している姿勢はM字開脚の状態です。

 

女性に仰向けになってもらいM字開脚をしてもらうか、椅子に座り背もたれに寄りかかった状態でM字開脚をしてもらいましょう。

 

M字開脚の姿勢になってもらうと、男性はGスポットの位置が把握しやすくなります

的確にGスポットを刺激できるので、結果として潮を吹かせやすくなるんです!

 

また、女性によっては潮吹きの前兆である漏れそうな感覚が近づいてくると体勢を変えて逃げてしまう人もいます。

M字開脚の状態であれば女性の足や腰を固定して、女性が逃げないようにGスポットに継続的な刺激を与えられますよ。

駅ちか公式!風俗まとめサイトはこちら

『潮吹き体験?!名古屋で評判が高いデリヘル店4選』

この記事では、名古屋エリアで最も評判が高いといわれているデリヘル店の情報をまとめてみました。風俗ライターが実際に足を運んだお店のレポートも交えて紹介。もちろん、お値段や営業時間といった基本情報もしっかり網羅!ぜひ、風俗店探しの参考にしてください!

 

まとめ:ポイントを押さえて女性を潮吹きさせてみよう!

AVを見ていると、簡単にできるように感じる潮吹き。

「激しく手マンをすればできるでしょ?」と思われがちですが、潮を吹かせるには的確にポイントを押さえた愛撫が必要なんです。

 

潮吹きのやり方やコツ、注意点をしっかりと身につければ、セックスの経験が豊富ではなくても簡単に潮を吹かせられるかもしれません。

 

また、潮吹きできるかどうかは女性の体質や体調、心の状態などによって左右されます。

潮を吹けるときもあれば、潮を吹けないときもある。

また、何度挑戦しても潮を吹けない人もいます。

 

全員が潮を吹けるわけではありませんから、焦りや無理は禁物

 

しかし、女性との関係を深めて、女性が感じる性感帯を開発すれば潮吹きできる可能性も十分にあります。

 

相手を思いやったプレイを心がけながらさまざまなことに挑戦し、テクニックを磨いて女性を潮吹きさせてみましょう!

 

この記事が役に立ったと思ったら
スキ、お願いします。
駅ちか!から支援金
GoGoFuzokuキャンペーン実施中!
特設ページはこちら